建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

Category思索彷徨

フィールドワーカにとって、技術史学者にとって、大阪城の石垣モンダイ!
2019年2月17日、福岡市百道西公園で開催の「尹東柱詩人74周忌追悼祈念式典」が「釜山日報」に紹介されました。
20190217(日)晴れ渡る冬空の下、尹東柱詩人の命日の翌日開催の追悼式に参加しました。
平成30年度芸術情報設計学科卒業研究発表会、ふ印ラボの四天王も堂々発表!!
韓国産業技術大学交換留学生のLim(林享柱)くん歓送会!
「東アジアの交流と文学」シンポジウム・公開講座 「物語の<終わり/始まり>:文学の現在、わたしたちの未来」(2/8)
久しぶりの竹田市・岡城を歩く
やや遅めの初詣は鈴鹿山脈を見遣りながら神聖なる伊勢神宮へ。
九州大学箱崎キャンパスの現況を遠望視。沈みゆく記憶と景観、もしくは九大バンクシー!?
廈門理工学院で見たこと知ったこと考えたこと、2018年12月12日講義前後のこと。
2018年11月29日九州産業大学にて。私が1978年夏、東京代官山にて出会った建築家宮脇檀を真摯に語り継ぐ人々
20181130スマフォな人々シリーズ
福島県富岡町で開催された「富岡えびす講市」に行ってきました。2018.11.11
江上賢一郎さん発、映画鑑賞会「東北より:寺山修司の都市幻影」
猛暑酷暑のふ印ラボ京都路上観察!その3京都祇園祭編
猛暑酷暑のふ印ラボ京都路上観察!その2「ほんまどすか?」意外に不思議なまち編
九大建築学教室の建物お別れイベントのご案内!
七夕の呟き
It’s the Japanese Festival of Tanabata, everyone can make good wishes on the day, what a good day for the world
Crischan Leipe博士と斎藤ナヲ子さんご家族が名古屋に移動しています!
その空き缶に気づくか、気づかぬか。
オリニギリ新田知生・愛子夫妻、松下蒲鉾店にて松本明生さん手づくり塩、そして丸尾焼て作品購入!
オリニギリ新田知生・愛子夫妻、花菖蒲祭りで下浦石工でカフェマスターの千葉友平さんと対面!
オリニギリ新田知生・愛子夫妻、パアテルさんに会えたのか!
オリニギリ新田知生・愛子夫妻、塩づくりの聖地を探訪!
オリニギリ新田知生・愛子夫妻、さらに天草を往く!
オリニギリの新田知生氏、愛子さん、天草を往く!
必見!乃木坂のTOTOギャラリー間では平田晃久建築展開催中!
六本木の東京ミッドタウンの玄関口に彫刻家安田侃氏の2作品が存在し静謐な空間を生み出す理由!
邯鄲の夢ではなく月宮殿の夢として・・・・藍蟹堂は水面の彼方に広がる世界を見上げるばかり
義弟荒木龍くん、逝く。
久しぶりの長野・善光寺参りは、複眼的に路上観察をしながら!
ふ印ボス、一身上の都合により熊本県の阿蘇から変えた本籍地は東京都台東区谷中です。
2018年弥生の九州大学箱崎キャンパス路上観察〜40年前(1974年4月〜79年3月)の心象風景を揺さぶる記憶と崩壊〜
【閉講ご案内】九州大学芸術工学部公開講座[建築探偵シリーズ]いよいよ藤原惠洋教授による最終回!九州芸術工科大学時代から長年継続してきた公開講座は今回で終了いたします。
アルテピアッツア美唄で白大理石を彫り続けること
北海道に心を磨きに行く、そしてアルテピアッツア美唄に魂を磨きに行く!
2月12日、厳寒の福岡にて「尹東柱詩人逝去73周年追悼式」が催されました。
2月1日「尹東主詩を読む会」の馬男木美喜子代表、孫鍾植総領事を訪問面談されました!
正月詣では国東半島の千燈山へ、アントニー・ゴームリーの彫刻参拝へ。その後どうなったのだろうか?
良き秋の一日、小山秀之進家の墓所参り!
尹東柱の詩をめぐる動きが東西の日本にて連帯し始めています!
ふ印ラボ最強の放送作家・熊手敏之さん番組構成による「長崎偉人伝 今里廣記の人生美学を探る」オンエア近く!
香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
ふ印ボスのドイツまち歩き便り Rudolf Steiner ルドルフ・シュタイナーは1903〜1923年、ベルリンに住んでいた!
ふ印ボスのドイツまち歩き便り よもやベルリンにて松井久子監督と出会えるとは!
フォルクスビューネのカストルフ演出『カラマーザフの兄弟』は7時間近い作品!
旧東ベルリン地区に残された DDRの記憶、そして東西ベルリンを隔てていた壁の痕跡
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
  • 九州大学芸術情報設計学科ふ印ラボ4年生、最後の定例ゼミ、最後の月宮殿祭、堂々開催っ!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ