建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

Category芸術文化環境論

2013.7.5 大学院授業「芸術文化環境論」ブラウンフィールドからクリエイティヴシティへ!
ふ印ラボ同人の神戸芸術工科大学准教授の谷口文保先生、大活躍!
2013年6年24日(月)5時限「芸術文化環境論」のゲスト講師は馬麗那さん。日本と中国の創造都市についての興味深いお話をしていただきました!
2013年新学期〜学部授業『芸術文化環境論』〜開講しました!
2012.6.11 芸術文化環境論にデワスギご夫妻がいらっしゃいました
2012.5.7. 芸術・文化環境論 神戸芸術工科大学谷口先生のゲスト講演
【学部】芸術文化環境論 学外演習その① ふくおか美術館めぐり
藤原恵洋研究室の基幹授業!2012.4.13. 大学院授業 [芸術・文化環境論] が始まりました
2011.7.29. 最終回!大学院授業「芸術・文化環境論〜ブラウンフィールドからクリエイティブシティへ〜」 研究成果発表を行いました!!
2011.6.6. 「芸術文化環境論」ゲスト講師 藤原旅人さん 「瀬戸内国際芸術祭&アデレード芸術祭について」
学部生授業 芸術・文化環境論 放送作家 熊手敏之氏[〜地球の子どもたち〜学校に行きたい・・・」企画構成について語る!
2011.5.23.ゲスト講師三浦浩子さんの見る「やねだんアートプロジェクト」
新年度の芸術文化環境論はちょうど一ヶ月めの4月11日(月)開講。直視しながら問いたい。カタストロフィーの時代に芸術文化やアートはどのようにたいせつなのか?と。
2010.12.15. 大分県日田市にて  藤原惠洋先生「芸術文化企画演習」受講の芸術情報設計学科3年生 日田カレー研究発表!
2010.12.16.宮崎県西米良の銀鏡神楽(しろみかぐら)をたっぷり鑑賞しました
全国・鏝絵なまこ壁サミットin とっとり2010
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 路上で叫ぶ!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ