建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

平成の大噴火その時何が起こったのか

2020年8月28日(土)ふ印ラボの研究室ゼミ調査で、雲仙岳災害記念館(わが国随一の災害ミュージアム)がまだすドーム宮脇好和館長さんを訪問調査をしました。

P1070726

P1070725

P1070727

P1070719

P1070720

P1070721

P1070722

P1070723

P1070724

P1070728

P1070729

P1070730

P1070731

P1070732

P1070733

P1070734

P1070735

P1070736

P1070737

P1070738

P1070739

P1070740

P1070741

P1070742

P1070743

P1070744

P1070745

P1070746

P1070747

P1070748

P1070749

P1070750

P1070751

P1070752

P1070753

同施設のHPには以下のような一文が紹介されています。

1990年11月から1995年2月まで続いた雲仙岳の噴火活動。38回の土石流と7回の大火砕流を中心として荒れ狂った自然のものすごさ。それを物語るのが死者41人、行方不明3人、負傷者12人、建物の被害2511件、被害額2299億4197万円という数字だ。

けれども私たちはこの数字だけに眼を奪われてはならない。この数字が意味しているのは、学ばなければならない多くの教訓、生かさなければならない多くの経験がここにはあるということだ。

そう、私たちがまず知らなくてはならないのは、平成の大噴火のはじまりからおわりまでに、いったい何が起ったのかということ。それを知ることは、すさまじい自然のパワーを知ることなんだ。そしてそれにひるむことなく復興に挑んだ人々のたくましさを知ることなんだ。

<198年ぶりの大噴火>
1万5千人を超える死者を出した、【島原大変】と呼ばれる寛政4(1792)年の大噴火以来、雲仙普賢岳は荒れ狂うことは忘れたようにおだやかな表情を続けてきた。けれどもそれから約2世紀ののち、平和な眺めとはうらはらに、地下には熱いマグマが潜んでいたことを、島原半島の人々は思い知らされることになる。


スクリーンショット 2020-08-31 11.01.27
スクリーンショット 2020-08-31 11.01.43

スクリーンショット 2020-08-31 11.02.13

スクリーンショット 2020-08-31 11.02.25


スクリーンショット 2020-08-31 11.02.38

スクリーンショット 2020-08-31 11.02.48

スクリーンショット 2020-08-31 11.02.59

スクリーンショット 2020-08-31 11.03.10

スクリーンショット 2020-08-31 11.03.20

スクリーンショット 2020-08-31 11.03.31

スクリーンショット 2020-08-31 11.03.40

スクリーンショット 2020-08-31 11.03.50

スクリーンショット 2020-08-31 11.04.01

スクリーンショット 2020-08-31 11.04.12

スクリーンショット 2020-08-31 11.04.21


スクリーンショット 2020-08-31 11.04.32

スクリーンショット 2020-08-31 11.05.03

スクリーンショット 2020-08-31 11.05.19



 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 西日本新聞WEB記事が伝える人吉市・球磨村等の被災後現況!!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ