建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
P1050042

P1050040

P1050041

P1050043

P1050044

P1050045

P1050046

P1050047

P1050048

P1050049

P1050050

P1050051

P1050052

スクリーンショット 2020-05-08 17.40.32

ふ印ラボのみなさま
ふ印ラボOBOG /同人のみなさまへ

こんにちは、研究室同人の高口です。

本日16:30より、ふ印ラボ第6回遠隔ゼミを開催いたします。
みなさまの幅広いご参加をお待ちしております。

参加方法は、下記2ステップです。
1)URLをクリックして、グループに予め参加していただきます。
  【ふ印ラボ 定例ゼミへ】
2)16:30から通話を開始し、ゼミを始めます。(途中参加も歓迎です!)



ふ印ラボ遠隔ゼミ第6回
2020年5月8日(金)16:30〜19:00
・  研究発表 高口葵 インタープリテーションの意義と課題(市民がより身近に当事者として文化遺産を把握するために)
・     参加者近況(OBOG、同人、なども含めて)
・     研究テーマ進捗状況 高口
・     各自が現在、在宅で行っていること
・     藤原先生からの助言、課題・宿題

ご不明な点がございましたら、下記連絡先までお願いいたします。

高口葵

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 日田市中津江の被災地にて、河井昌猛さん、徒歩にて見守り支援活動!
  • 特定非営利活動法人リエラ、日田市天瀬町にボランティアセンター拠点を開所!被害を受けられたみなさまへ、心よりお見舞い申し上げます。
  • 特定非営利活動法人リエラ、日田市天瀬町にボランティアセンター拠点を開所!被害を受けられたみなさまへ、心よりお見舞い申し上げます。
  • 特定非営利活動法人リエラ、日田市天瀬町にボランティアセンター拠点を開所!被害を受けられたみなさまへ、心よりお見舞い申し上げます。
  • ベルリン在、少壮建築家John Matin Tublsくん、出身のふ印ラボ定例ゼミ第24回(遠隔)に参加しました!!
  • ベルリン在、少壮建築家John Matin Tublsくん、出身のふ印ラボ定例ゼミ第24回(遠隔)に参加しました!!
  • ベルリン在、少壮建築家John Matin Tublsくん、出身のふ印ラボ定例ゼミ第24回(遠隔)に参加しました!!
  • ベルリン在、少壮建築家John Matin Tublsくん、出身のふ印ラボ定例ゼミ第24回(遠隔)に参加しました!!
  • ベルリン在、少壮建築家John Matin Tublsくん、出身のふ印ラボ定例ゼミ第24回(遠隔)に参加しました!!
  • ベルリン在、少壮建築家John Matin Tublsくん、出身のふ印ラボ定例ゼミ第24回(遠隔)に参加しました!!
  • ベルリン在、少壮建築家John Matin Tublsくん、出身のふ印ラボ定例ゼミ第24回(遠隔)に参加しました!!
  • ベルリン在、少壮建築家John Matin Tublsくん、出身のふ印ラボ定例ゼミ第24回(遠隔)に参加しました!!
  • ベルリン在、少壮建築家John Matin Tublsくん、出身のふ印ラボ定例ゼミ第24回(遠隔)に参加しました!!
  • ベルリン在、少壮建築家John Matin Tublsくん、出身のふ印ラボ定例ゼミ第24回(遠隔)に参加しました!!
  • ベルリン在、少壮建築家John Matin Tublsくん、出身のふ印ラボ定例ゼミ第24回(遠隔)に参加しました!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ