建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
P1020246

桂木誠志さん(九州大学工学部建築学科OB先輩)よりメッセージが届きました。

2月12日、天草信用金庫本店において、「ふるさと、天草に帰る—菊池恵楓園絵画クラブ金陽会作品展実行委員会」の結成式が開かれました。

菊池恵楓園には、1953年に発足した絵画クラブ「金陽会」の作品が850点以上残されており、国内はもとより、世界的にも貴重な作品群となっています。

今年秋、天草で開催される展覧会では、天草出身の2人のメンバー(吉山安彦氏、故・中原繁敏氏)の作品を中心に、療養所内で時間を共にしてきた他の金陽会メンバーの作品も紹介されます。

実行委員会では、これらの作品を通じて、帰ることが叶わなかった故郷や家族への思いと、いかなる環境でも希望を見出す人間の強さを感じてもらい、人権が尊重される地域社会づくりを願って、展覧会への協力・支援を呼びかけています。

来週、金陽会には、熊本県から「継続して文化活動に取り組み、芸術・文化の普及発展、文化的資質の保存継承、その他文化の振興等に功績がある」として、第30回「くまもと県民文化賞」が贈られます。

P1020237

P1020235

P1020236

P1020238

P1020239

P1020240

P1020241

P1020242

P1020244

P1020245

P1020247

P1020248

P1020249

P1020250

P1020251

P1020252

P1020253

P1020255

P1020256

P1020258

P1020260

P1020262

P1020268

P1020269

<2020年秋『金陽会作品展』概要>

◎天草展  2020年10月3日~18日(予定)天草市民センター
◎上天草展 2020年10月21日~28日(予定)松島総合センター
◎苓北展  2020年10月31日~11月8日(予定)如水館

 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ