建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_4148
 2019年7月20日(土)~21日(日)に開催された「スギダラツアー2019in山形」に参加しました。ツアー参加者は82名にのぼり、職業も個性もさまざま。このメンバーで高畠町(米沢市近く)から金山町(新庄市近く)を移動しながら施設や森林等を見て回りました。
 ~スケジュール~ 
 【1日目】 高畠駅集合→高畠町中央公民館で説明会→高畠町立図書館見学→高畠町立屋内遊技場『もっくる』見学→高畠町安久津八幡神社見学→瓜割石庭公園見学(高畠石切場)→道の駅たかはた→赤湯(地名)の丹泉ホテルへ→スギダラ大談義等。
 【2日目】 丹泉ホテル→道の駅むらやま→チップボイラー見学→日輪兵舎(カムロファーム内)→木もれび館にて昼食→認定こども園めごたま→森林組合→森林見学→大美輪大杉見学→金山町町並み見学→新庄駅にて解散
 
IMG_3213
IMG_3234
IMG_3271
 高畠町立図書館と右は舞台です。地域にある杉、高畠石を活用して建てられました。木柱に書架の側板の役割をもたせ、家具と建築を一体化しています。2メートルの積雪荷重に対して、片流れ屋根、太陽光発電、鉄骨造、木造+鉄骨造、RC造により大空間をうみだし、光を側面高い位置から入れ、床暖ではなく、輻射式冷暖房となっています。
IMG_3293
 塀の部分には高畠石が使われています。現在は石の切り出しは行われておらず、ここで使われている石は再利用です。
IMG_3295
IMG_3259
IMG_3307
IMG_3309
IMG_3314
IMG_3316
 児童のコーナー↓ ↑
IMG_3326
IMG_3327
  雪が多く降り、屋根から雪が落ちてくる地域ですので、窓ガラスを割らないように軒には雨戸のような囲いを設置できるようにしています。
IMG_3335
IMG_3349
IMG_3355
IMG_3374
 使われた木材の本数
IMG_3418
IMG_3419
 舞台空間
IMG_3424
 高畠町立屋内遊技場 もっくる は、元は廃校中学校の体育館でした。
IMG_3437
IMG_3453
IMG_3454
IMG_3455
IMG_3465
 六角形の木は磁石でどこでもつけられます。
IMG_3471
 建物はBOXinBOXで、内部空間はLGS天井・壁です。
IMG_3479
IMG_3481
 BOXinBOXで内側がたわむので補強をいれてます。↓
IMG_3489
IMG_3496
IMG_3503
IMG_3504
 おままごとのアイランドキッチンがあったり、冷蔵庫があったり、お店屋さんごっこができる材料があったりする。
IMG_3514
IMG_3515
IMG_3517
 IMG_3591
 IMG_3593
 IMG_3601
IMG_3610
 作業関係者にうかがったところ、行う人がいないのでここだけで2か月くらいの期間がかかるとのことでした。↓ テクノカットのようなきりこみ。
IMG_3613
IMG_3618
IMG_3620
 高畠石が採掘されていた、現在の瓜割石庭公園。
IMG_3633
IMG_3649
IMG_3656
IMG_3662
IMG_3699

IMG_3793
  2施設の建設にかかわった方たち。
IMG_3795
IMG_3802
 私は温泉に3回入りました。
 【2日目】翌朝近所の散策で見つけました。
IMG_3834
IMG_3819
IMG_3828
IMG_3823
IMG_3829
IMG_3835
IMG_3837
IMG_3842
IMG_3879
IMG_3885
IMG_3892
IMG_3906
IMG_3911
IMG_3916
IMG_3919
 日輪兵舎は、満蒙開拓青少年義勇軍訓練所の宿泊施設です。
IMG_3928
IMG_3930
IMG_3936
IMG_3937
IMG_3952

IMG_3986
IMG_4009
 認定こども園は金山町森林組合からの木材を使って、像設計集団によって設計され、2017年から使われています。屋根が草原になっています。男性園長さんでした。
IMG_4016
IMG_4028
IMG_4046
IMG_4030
IMG_4052
IMG_4056
IMG_4063
IMG_4065
IMG_4069
IMG_4078
IMG_4081
IMG_4089
IMG_4104
 木の丁場へ移動。
IMG_4124
IMG_4135
IMG_4137
IMG_4142
IMG_4144
 これらの森林は経済林で、使うための300年前に植林されました。建材として使われることが当初の目的ではなく、桶樽として使われることを意図して植えられたということです。
IMG_4148
IMG_4153
IMG_4158
IMG_4193
 金山町は白壁、下見板、切り妻屋根の家で統一していこうとしています。銀行もこれにならっています。
IMG_4196
IMG_4197
IMG_4205
 最後に椅子づくりが行われました。
IMG_4216
IMG_4220
IMG_4233
IMG_4253
IMG_4261

 今回の公共施設建設のキーは地元の杉を使うこと、その材を切り出してから納入するまでの木材活用のためのマネジメントである「タニチシステム」です。従来、地域の小規模事業者は大きな建築に対して単独では納品量や期日に対応できずに仕事を受注することができないことや、下請けとしての賃加工仕事で作業のみを行うことが多かったのですが、タニチシステムは、小規模事業者を複数まとめ、生産量・納期への不安に対応しています。さらに地域で事業を継続してきた事業者ノウハウや技、地域への思いを大切にして、次の工程、建築へとつなげます。このタニチシステムのお陰で図書館と屋内遊技場は高畠町産杉の利用率が99%になりました。また、行政も担当各課が横断的に協力して、準備期間を必要とする高畠産杉活用のため工夫が行われました。議会では債務負担行為が議決されました。
 地元の人々が使う施設は、地元の杉を活用するということが大事だと思いました。

                                  岩 井
                 


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ