建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
ベトナムを代表する服飾デザイナーMinh Hanh女史にBao Locの現地をご案内いただきながら、ベトナム全土に54種族が残るとされる少数民族の集落3つを訪問調査しました!

最初の踏査地は、HCMC(ホーチミン市)から東へ190キロ程移動した高原避暑地で知られるBao Locの小さな町でした。

そこでは、樹木や草木を生かしながら染色していった自然染色の素材づくりや、いざり機を背にしながら素材を織りあげていく仕事がふんだんに見られます。

Minh Hanh女史は、自分の服飾作品をデザインし創出するばかりでなく、少数民族の人々や社会的に恵まれない立場にいる方々、さらには低賃金労働に甘んじざるをえない女性労働を改善すべく、ベトナム全土で複数の改善プロジェクトを提起し実践する活動家としても大活躍されています。
今回の訪問調査ではその一翼を垣間見たにすぎませんが、女史がめざすゴールは、社会的に恵まれない人々により豊かな暮らしを自律的に得ていくための授産や職業訓練や学びの機会を提供することといいます。
P1050217

P1050133

P1050135

P1050136

P1050137

P1050138

P1050139

P1050140

P1050144

P1050145

P1050146

P1050147

P1050149

P1050150

P1050151

P1050152

P1050153

P1050154

P1050155

P1050156

P1050157

P1050158

P1050159

P1050160

P1050161

P1050162

P1050164

P1050165

P1050166

P1050167

P1050168

P1050169

P1050170

P1050171

P1050172

P1050173

P1050174

P1050175

P1050176

P1050176

P1050177

P1050178

P1050179

P1050180

P1050181

P1050182

P1050183

P1050185

P1050186

P1050187

P1050188

P1050189

P1050192

P1050193

P1050194

P1050196

P1050197

P1050198

P1050199

P1050200

P1050201

P1050202

P1050204

P1050206

P1050207

P1050210

P1050211

P1050208

P1050209

P1050213

P1050214

P1050215

P1050216

P1050217

P1050219

P1050220

P1050221

P1050222

P1050223

P1050224

P1050225

P1050226

P1050227

P1050228

P1050230

P1050229

P1050231

P1050232

P1050233

P1050234

P1050235

P1050236

P1050237

P1050238

P1050239

P1050240

P1050241

P1050242

P1050243

P1050244

P1050245

P1050246

P1050247

P1050248

P1050249

P1050250

P1050251

P1050252

P1050254

P1050255

P1050256

P1050257

P1050258

P1050259

P1050260

P1050261

P1050262

P1050263

P1050264

P1050265

P1050266

P1050267

P1050268

P1050269

P1050270

P1050271

P1050272

P1050274

P1050275

P1050276

P1050277

P1050278






















 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ