建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_7553
  2019年1月26日(土)14:00から福島県富岡町で町民劇「ホーム~おばあちゃんが帰る日」が開演され、ふ印ラボ卒論生・松隈くんが出演、そして、なんと九州・福岡市からは同じくふ印ラボ卒論生の脇元くんも応援に駆けつけました!二人ともすごいですよ~!
 松隈くんは福岡市出身、大学入学時から演劇をはじめ、大学の演劇部で活躍、昨年12月末には福岡市内で開催された舞台で主演を務めました。しかし、多彩な方々が多様は背景をもって出演する町民劇は初めてで、しかも地元福岡ではなく、震災の被害に今だに苦しんでいる福島県富岡町での出演ということで非常にがんばって取り組んだことと思います!まずはそのことに拍手です!
IMG_7510
 パンフレットを開くと、松隈くんがセンターポジションにいました。
IMG_7572

IMG_7568

IMG_7571

 福島県富岡町は2011年3月11日の東日本大震災で津波による被害とその後の原発の影響により、2017年3月まで全域が帰還困難区になっていて、4月に全ての地区ではありませんが帰還困難区が解除になりました。しかし2019年現在、震災から8年近くたっても全ての住民が元の家に戻ってきたわけではありません。町民にとって8年という年月は、住む場所や人生を変えてしまうに十分な歳月だったのではないでしょうか。福島第一原発の全面的解決がなされていない現在、元の家にもどるかどうかもその人その人の判断によります。そんな中、開催されたのがこの町民劇です。現在、富岡町に住んでいる人は900人弱(震災前は16,000人)で、私は2018年8月から富岡町の複合施設「学びの森」に調査のために通っていますが、この町民劇が開催された1月26日は、大変多く人々を見ることができました。
 物語は、避難指示の解除を受けて富岡町に戻ることを決めた80歳の母親・乙女と、引っ越しを手伝うためにきた息子夫婦や孫を中心に進みます。乙女は息子たちと離れていても仲間たちがいるので富岡で暮らすことは不安ではないといいます。一方、町外で暮らす息子夫婦や家族は7年ぶりに富岡に戻ってきます。そしてそれぞれが、津波で亡くなった友人や、離れ離れになった友達と再会したり、または復興に取り組む人々に出会ったりして、現在の富岡の様子や、人々の前向きな様子に触れたり、対話をすることを通して、どこに住んでいても大切なものは何かを理解したり、富岡の応援団であることを確認していきます。劇では休校となっている富岡高校の校歌が歌われたり、人生100年音頭も披露されました。松隈くんはピアノの調律師役でしたよ。
thumbnail_松隈写真[1]
 練習の風景
IMG_7395
 当日は雪。浜通りの富岡町は雪はほとんど降らないとのことでしたが、この日は降りました。町民劇が行われる「学びの森」は平成16年に建てられ、6年使われてきましたが、富岡町自体が平成22年の原発被害から平成29年3月まで帰還困難区でした。「学びの森」が使えるようになったのは平成30年から。この施設は、ホールや大小会議室、視聴覚室、お茶室、畳敷きの大きな部屋、授乳室、ワークショップ室、図書館、ヴァーチャルリアリティに似たゴーグルのようなものをつけて震災前の富岡の映像を体験できる部屋などがあります。
IMG_7455

IMG_7465

IMG_7469

IMG_7477

IMG_7480

IMG_7481

IMG_7550

IMG_7486

IMG_7490

IMG_7495

IMG_7496

IMG_7498

IMG_7499

IMG_7504

IMG_7510

IMG_7554

IMG_7555

IMG_7556

IMG_7558

IMG_7559

IMG_7565

IMG_7566

 松隈くん出演応援団たちは図書館内の飲み物があるスペースで一休み。

  私は「学びの森」にこんなに人が集まる場面を見たことがなく、今回の町民劇でこんなにも多くの人々が集まったのには驚きました。
 今回の町民劇はの内容は、町外に住むことを余儀なくされた富岡町民・乙女さんの帰還に伴い、家族全員も富岡町を訪れることを通して、それぞれのこれからの富岡町との関係や、富岡町への思い、避難してしまい消息が分からなくなってしまっていた人々の再会が描かれていました。
 1月26日(土)に開催されたこの町民劇自体が、まさに町外にいる人々を呼び寄せ、出会いや語らいの契機となったように思われます。日頃は富岡町に来ない人もこの町民劇があるから、戻ってきてみたということはあるのではないでしょうか。

 九州から福島県富岡町に来て下さったみなさん、
遠くから来て下さりどうもありがとうございました!

                               岩  井


 






 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 九州大学大学院芸術工学府修了式!環境・遺産デザインコースの修了生諸君と記念写真!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
  • 2019年3月16日(土)九州大学芸術文化環境学会第10回研究会を開催しました!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ