建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
東京ドイツ文化センターで国際シンポジウム「危機の時代におけるアートの自律性について」を開催しますので、ご案内致します。
===================

国際シンポジウム 「危機の時代におけるアートの自律性について」

日時:2018年10月18日(木)
第1部:16時30分~18時30分
第2部:19時~

場所:ドイツ文化会館、ホール
〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-56

主催:ゲーテ・インスティトゥート(東京ドイツ文化センター)
協力:東京藝術大学、森美術館
予約・お問い合わせ:info-tokyoアットマ〜クgoethe.de
TEL: 03-3584-3201
入場無料、なるべく事前にご予約下さい。
言語:日本語・英語、同時通訳付

===================

危機の時代にあってアートは、政治目的に利用されるという危険に面している。社会的な文脈について考察したり、新たな転換のヴィジョンを描くための道具にされようとしているのだ。その代償として、アートは何を得るのだろうか。アートがアートとしてあること以上に、社会に警鐘を鳴らす役割を課されるのであれば、どうしたらアートはその独立性を保つことができるのだろうか。「倫理」と「美学」の関係性が先鋭化する時代を、今私たちは生きているのだろうか。この国際シンポジウムは、これらの問いへの答えを模索するものである。

第1部では、移民が生まれた背景やその影響に取り組む芸術作品を例示して議論する。トランスカルチャー(文化を超えた)な経験なしに、「他者」の民族的イメージやステレオタイプを乗り越えることはできないのだろうか。移民の背景を持つアーティストたちはどのような物語を語り、どのようにして「移民」のレッテルから自由になるのか。移民の背景を持つアートに独立性はあるのか。それとも、アイデンティティーの模索とか政治的議論との関係があって初めて価値が生まれるのだろうか。アートが政治に奉仕する僕(しもべ)となったその先には、何があるのか。

参加者:ムハンマド・アル=アッタール(シリア/ドイツ)、篠田太郎(日本)、高山明(日本)、シャビール・フサイン・ムスタファ(スリランカ/シンガポール)

モデレーター:工藤安代(アート&ソサイエティ研究センター)


第2部では、ヴォルフガング・ウルリヒ教授(哲学・芸術学)が、「アートにおける分裂」について基調講演を行う。ここではアートの2つの役割に注目し、この分裂により、それらに共通するアートの概念の片方が喪失するという命題を扱う。つまりアートは、コンセプチュアルになるか、さもなくば市場価値を志向するか、そのどちらかだという。対する北田暁大(社会学・メディア史)は民主的なプロセスにおいて、アートが果たすべき社会的・政治的機能を述べる。講演に続く議論には、「カタストロフと美術のちから展」キュレーターの近藤健一、あいちトリエンナーレ2019の芸術監督でジャーナリストの津田大介と美術評論家の林卓行が参加する。

===================

皆様の来場を心よりお待ちしております。

ウルリケ・クラウトハイム
文化部
企画コーディネーター
Email: ulrike.krautheimあっとま〜くgoethe.de
URL: http://www.goethe.de/japan


Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 路上で叫ぶ!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ