建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

2018年9月21日(金)夜、九州大学文化政策フォーラム研究会第4回研究会を開催しました。
話題としては、以下のような観点を論じ合いました。

1。東京オリンピック・パラリンピック2020へ向けた「動員」型ボランティア要請国策がおかしい!

 

 

2。19951月阪神淡路大地震を皮切りに、カタストロフィー(自然脅威)に対する被災地支援や復興作業の市民による主体的なサポート活動がボランティア育成に大きな関係を示してきたが、こうした自然災害支援型のボランティア活動と芸術文化マネジメント・サポート型のボランティア活動の比較が必要。

 

 

3。2000年大地の芸術祭以降、芸術文化マネジメント・サポート型のボランティア活動がゆるゆると広がっていったが、それはどのような社会的効果があり、どのような課題があるのか?

 

 

4。とは言っても、実際のアートプロジェクトが生み出したサイトスペシフィックなアートの創出は、脱政治、脱権力、脱中心、脱資本主義経済、とも言える様相を見せており、そこに参画していくボランティアたちにとっての人生観や社会観とはいったい何なのか?

 

 

5。さらに、こうしたボランティアは、次世代へ影響を与えていく新たな社会層として位置付けることができるのかどうか。

 

 

P1350248

P1350249

P1350251

P1350252



Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 路上で叫ぶ!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ