建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

ふ印ラボ最強の不屈のスイマー(九州大学水泳部OGで七大戦[旧制帝国大学交流体育大会]での戦歴多数!)蒔田真弓さんから、貴重な体験を、九州大学医学部で開催された「小児・AYA世代の長期フォローアップに関する研修会」にて講演した旨のご報告がありました!

スクリーンショット 2018-10-01 0.28.08

「小児・AYA世代の長期フォローアップに関する研修会」にて
経験者として自身の経験をお話しさせて頂きました。
医療者の方に向けてお話しするのは初めてだったので、緊張してわたわた…😅

私の場合、AYA世代なのはもちろん、ちょうど未成年から成人、さらに学生から社会人と立場が変わる時に困難に直面したので、自分の心境や悩みもどんどん変化していったことを覚えています。もちろん、今も悩みは尽きません。

大して為になる話も出来なかったと思いますが、7年も前の事ということもあり、当時の悩みや思っていたことについて本音が言えたかなと思っています。

医学部キャンパスの総合研究棟は授業や卒業研究でお世話になった場所でもあり(医学部生じゃないのに!)懐かしかったです。

ちなみに来週も九大病院にお邪魔します!資料作らねば!

貴重な機会を与えて下さり、関係者の皆様本当にありがとうございました。




 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 路上で叫ぶ!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ