建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
スクリーンショット 2018-09-20 18.15.21

P1330893

P1330895

P1330894

P1330896

P1330897

P1330898

P1330899

P1330900

P1330901

P1330906

▲日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授(後排左三)、臺北市立文獻館長詹素貞(後排中)、輔仁大學景觀設計學系副教授兼系所主任顏亮一(後排右一)出席起跑記者會。

文/黃台中  

臺北市立文獻館主辦的第八屆臺北學「城市考現學」系列活動,9月14日上午在臺北市長官邸和室講堂舉辦起跑記者會,日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。15日下午2點藤原惠洋教授在臺大校友會館,發表專題演講-「考現做為一種城市漫遊的方法」向臺北介紹日本起源的城市考現學。  

城市考現學(Modernology),顧名思義,是將考古學的方法應用於當代社會中,成為理解都市物質文明與歷史文化的一種手法。考現學源於上世紀20年代日本的人文學科,是由今和次郎(Kon Wajiro,1888-1973)提出的一種研究方法。結合裝置藝術、民族學、地理學、時尚以及生活方式,並應用於日本庶民生活記錄。在1923年日本關東大地震之後,今和次郎成立「克難屋裝飾社」,利用現成的材料進行災後的建築裝修;另一方面也觀察、記錄災民如何就地取材,重建家屋。之後,以發揮考古學精神,利用特定地點的物來記錄現代化消費中呈現的日常生活整體價值、人們住居生活態度與歸屬感。在照像機尚不發達的年代,今和次郎敏銳的觀察力與手繪技巧,為日本留下了珍貴的文化記錄,也影響到後來赤瀬川原平、藤森照信,他們組成了「東京建築偵探團」,形成一門新的「路上觀察學」。  

如何在臺北進行考現?相較於考古學是一門專業學術知識,考現學是一門常民生活記錄,只要帶著童稚好奇心,想要瞭解週遭的人、事、時、地、物,人人都可以進行考現,成為一個城市觀察者。現代人因習於一成不變的都市生活節奏,對於外在刺激逐漸失去反應,也失去觀察周遭環境的能力與樂趣。考現的第一步即是回到童年時候的自己,找回原始的好奇心,從人、建築、植物、動物,都可以是考現的對象。也不限定視覺的,聽覺,甚至嗅覺的記錄都可以是有趣的嚐試,最近亦有不少人致力開發城市的聲音與味道。  

為了讓學員體驗臺北城市不同街區的特色、過往生活經驗與今昔風貌的變化,文獻館精心規劃以「風月寶斗里」、「失落的臺北渡口:三腳渡」、「臺北有個糖廍里:首都鐵道產業遺產群落」、「做成一個家:文昌街家具街」、「中山北路小菲律賓」、「製造浪漫:婚紗街」、「西門町cosplay戲劇服裝街」、「凹凸之間感受文字的個性與溫度:日星鑄字行」為主題,舉辦8場考現活動,活動參與者先進行半日的城市觀察記錄,讓市民穿梭歷史與現在,以新的眼光體驗我們再熟悉不過的臺北,並於活動後,在專家的帶領下分享與討論,重新發現我們與臺北這座城市的連結。  

參加活動者可免費獲得考現手冊,透過體驗來創造自己的城市記憶,文獻館將在11月15日於樹心會館舉辦考現活動成果發表會,並於12月2日選出前3名各頒發5000元、3000元、2000元禮券及獎狀。同時邀請前3名於學術研討會當日進行發表,介紹其眼中所看到的臺北。  文獻館12月1、2日將在臺大圖書館國際會議廳舉辦「城市前世到今生:臺北考現學」學術研討會,相關系列活動報名及研討會詳情請上活動官網查詢FB:「臺北考現 考現臺北」網址:https://www.chr.gov.taipei/

「風月寶斗里」

「失落的臺北渡口:三腳渡」

「臺北有個糖廍里:首都鐵道產業遺產群落」

「做成一個家:文昌街家具街」

「中山北路小菲律賓」

「製造浪漫:婚紗街」

「西門町cosplay戲劇服裝街」

「凹凸之間感受文字的個性與溫度:日星鑄字行」
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 路上で叫ぶ!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ