建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
2018年7月31日(火)19:00〜22:30

酷暑猛暑を吹き飛ばせ!
7月終わりの月宮殿祭は、高勝蘭女史+卒論生3男子によるスペシャルな夏野菜カレーでした! 

参会者は、建築家で元竹中工務店九州支店次長だった鈴木秀文さん、福岡県庁の長谷川保宏さん、造形作家・画家の山口小百合さん、西日本短期大学教授で造園家の大石道義先生と多士済々がお集まりになり、学生諸君と歓談が弾みました。

次回もまだ残暑厳しい頃となるに違いありませんが、8月28日(火)19:00〜22:00の開催となります。
ふ印ラボにご興味のある方は、学外からもどうぞご参加ください。

P1290442

P1290436

P1290437

P1290438

P1290439

P1290440

P1290441

P1290443

P1290444

P1290445

P1290446

P1290447

P1290448

P1290449

P1290450

P1290451

P1290452

P1290453

P1290454

P1290455

P1290456

P1290457

P1290458

P1290459

P1290460



 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 日比野克彦東京藝術大学教授・美術学部長をはじめとする審査団、天草大陶磁器展コンテストを審査!グランプリは意外や意外!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ