建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
みなさま

雨中から宇宙へ七夕の天空に広がる世界を遥かに想いつつ、灼熱の砂嵐が吹き込んでいたアラビア湾での疲れを自宅にて静かに癒しています。

灼熱バーレーン王国のユネスコ第42回世界遺産委員会から這々の体で帰国、2018年七夕は日本南西部各地の大雨氾濫洪水からの無事や頻発地震からの安全を心深く祈っていました。

それにつけても私たちを襲い続ける自然の脅威や過酷な風水害が繰り返される責め苦の数々に地球環境や生態系からの厳しい警告を思わないでいられません。

本来なら七夕とは、日々を成就できなくなるほどの仲睦まじさから離れ離れとされてしまった織姫と彦星が、年に一度のその日に限り、無数の星が流れをなす天の川をカササギの翼でかろがろと飛び越え、わずかな逢瀬をすることができる特別な日だと祝福されてきたその日になります。
しかも、この日の願い事や祈り事を短冊にしたためて笹竹に吊るす習慣がもたらす吉祥とは、もっぱら自分の修練や努力が報われ上達するという研鑽の成就を言います。みずから考え、みずから修め、みずから為すべし、という内省的な夢の綴りかたこそが求められている、と考える必要があるのです。

さらに祈りや夢をしたためる五色(ごしき)の短冊が示す色は、陰陽五行が言う森羅万象の理と初源を示す木火土金水の五元素であり、それぞれ、木=青龍の青色、火=朱雀の赤色、土=麒麟の黄色(中央の天位)、金=白虎の白色、水=玄武の黒色、となり風水思想にも繋がる世界観を持つものです。

少壮の頃の私は、1983年より10年近く、中国大陸や韓国、台湾、香港を契機とする闊達なフィールドワークを展開していましたが、そうした冒険譚の皮切りとなった中国・上海の旧市街地閘北地区では少林寺拳法の達人と邂逅しました。そこで偶然にもその老師には風水思想の原理も御指南いただいたことがあったのです。会話はもっぱら漢字を交わしながらの筆談でしたが、おおいなる自然の摂理に従った墓所や居住地の求め方が示されていく中、こうした風水思想の考え方がすでに明朝の頃には体系化を遂げ、その中で私たちは自分の生存の根拠となる居所や死後の墓所を設けていくしかないと、老師は二十代を終えようとしていた頃の私に指し示したのです。

それから何年も経ちました。
今、あらためてこの地球環境や生態系からの過酷な逆襲に脅威を感じながら身を竦めてしまうのは私だけではないはずです。


過ちて改めざる、是れを過ちと謂う


私たちが日々自分自身に対して振り返らな狩ればならないのは、過ちをおかさないことではありません。その過ちから自分を省みて、次なる生き方に生かしていくことなのです。
若い頃から長らく人生の道しるべとしてきた孔子の論語や老荘思想の数々は、じつにさまざまな自然の摂理の生かし方や生き方を教えてくれてきました。

みなさまから七夕に多くの誕生祝のお言葉を頂戴できました。
馬齢を重ねてきたにすぎませんが、またひとつ齢を重ねた私はあらためておおいなる事象に対して泰然飄然自然とあらためて謙虚に生きるしかないと思うのです。

このたびの大雨による被害を被られた方々には心よりお見舞いを申し上げます。
織姫と彦星とも言えるみなさまとたいせつな方のご健勝とご多幸を末永く願っております。


忘れたくなるような歳の七夕を遣り過ごした明け方、雨模様の福岡にて


藍蟹堂 拝 

IMG_7673
 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 文化経済学会〈日本〉2018年度研究大会分科会プログラム!
  • 文化経済学会〈日本〉2018年度研究大会分科会プログラム!
  • 文化経済学会〈日本〉2018年度研究大会分科会プログラム!
  • 文化経済学会〈日本〉2018年度研究大会分科会プログラム!
  • 「よろず会」(1965〜2001)を文化経済学会〈日本〉2018京都大会(同志社大学)にて言祝ぎました!
  • 「よろず会」(1965〜2001)を文化経済学会〈日本〉2018京都大会(同志社大学)にて言祝ぎました!
  • 「よろず会」(1965〜2001)を文化経済学会〈日本〉2018京都大会(同志社大学)にて言祝ぎました!
  • 「よろず会」(1965〜2001)を文化経済学会〈日本〉2018京都大会(同志社大学)にて言祝ぎました!
  • 「よろず会」(1965〜2001)を文化経済学会〈日本〉2018京都大会(同志社大学)にて言祝ぎました!
  • 「よろず会」(1965〜2001)を文化経済学会〈日本〉2018京都大会(同志社大学)にて言祝ぎました!
  • 「よろず会」(1965〜2001)を文化経済学会〈日本〉2018京都大会(同志社大学)にて言祝ぎました!
  • 「よろず会」(1965〜2001)を文化経済学会〈日本〉2018京都大会(同志社大学)にて言祝ぎました!
  • 「よろず会」(1965〜2001)を文化経済学会〈日本〉2018京都大会(同志社大学)にて言祝ぎました!
  • 「よろず会」(1965〜2001)を文化経済学会〈日本〉2018京都大会(同志社大学)にて言祝ぎました!
  • 「よろず会」(1965〜2001)を文化経済学会〈日本〉2018京都大会(同志社大学)にて言祝ぎました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ