建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
【独立研究者】森田真生氏による『数学の演奏会』 

スクリーンショット 2018-05-23 13.07.37

音楽を奏でるように数学の演奏会を各地開催している
独立研究者の森田真生氏。

日々を生きる風景こそが人間の最大の創造物です。
心と環境が響き合いながら、いままでにない風景を生み出していくこと。そのメカニズムについて「数学する」という行為をヒントに考えてみたい(2017年天草大陶磁器展のテーマ)

哲学者のようでもあり思想家のようでもある異彩の研究者。今回、数学の演奏会を題してどのような演奏会になるのか乞うご期待です。

大人  2500円(当日3000円)
中高生 500円
小学生 大人同伴であれば無料

≪チケット購入方法≫
❶丸尾焼にて販売

➋メール予約 maruoyakiあっとま〜くgmail.com
(potmiwa33あっとま〜くgmail.com)フライヤーではこちらの
       アドレスになっています。どちらにでも結構です。
   件名「数学の演奏会in天草」とし、
  「お名前」
  「年齢」
  「お電話番号」をご記入うえお送りください。
  受付完了の返信メールをいたします。
  メールが届かない場合がございます。
  受信設定を   

❸電話予約 丸尾焼「0969-23-9522」

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 路上で叫ぶ!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ