建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
2018年5月4日、義弟の荒木龍くんが逝去しました。

龍、と書いて、しげみ、と呼びました。
彼の姉は、馨、と書いて、かおり、と称します。

三重県の四日市市と鈴鹿市にはさまれた鈴鹿川下流域の楠町南川で生まれ、三重県立石薬師高校を卒業後、一念奮起して九州へ。
北九州市立大学を卒業後、ふたたび故郷に戻り、家族に恵まれ、昭和一桁生まれの高齢の義母を介護しながら、家族へ職場へ地域社会へ、包容力に満ち満ちた人生を過ごしていました。

そしてまだ五十代なかばの突然の死でした。

連休の賑わいの真っ最中に連絡を受けました。
最も早く彼のもとへ行くにはどうしたら良いだろうと、思案したあげく、一晩、フェリーで穏やかな海面の瀬戸内海を関西方面へ渡り、鈴鹿山脈を山越えして三重県の連れ合いの実家へたどり着き、龍くんの納棺、お通夜、ご葬儀にまにあったことが、なによりものお弔いとなりました。

どうぞやすらかにお休みください。
P1220113

P1220114

P1220115

P1220116

P1220117

P1220118

P1220119

P1220120

P1220121

P1220122

P1220123

P1220124

P1220125

P1220126

P1220127

P1220128

P1220129

P1220130

P1220131

P1220132

P1220133

P1220134

P1220136

P1220137




 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 路上で叫ぶ!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ