建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
2018年4月20日(金)〜22日(日)九州大学大学院芸術工学研究院環境デザイン部門藤原惠洋研究室が、大学院生、外国人留学生、交換留学生、学部学生、研究生の参加により実施した第1回天草フィールドワーク・丸尾會牛深ハイヤ 祭り参与踏査は、丸尾會が踊りコンクールの中で準優勝とも言える「大漁賞」を獲得したことで大団円を迎えることができました。
これもひとえに、九大チームの参加を心よく迎えてくださった丸尾會金澤一弘会長はじめみなさまのご支援ご抱擁ご便宜のたまものであったと思います。心より感謝申し上げます。
また今夏、そして来年以降もよろしくご交流を結んでくださることを祈念しております。
今後のみなさまのご清祥も期待するばかりです。
九大チーム一同 

P1210152

P1210137

P1210138

P1210139

P1210140

P1210141

P1210142

P1210143

P1210144

P1210145

P1210146

P1210147

P1210148

P1210149

P1210150

P1210151

P1210152

P1210153

P1210154

P1210155

P1210156

P1210157

P1210158

P1210159

P1210160

P1210163

P1210164

P1210165

P1210166

P1210167

P1210168

P1210169

P1210170

P1210171

P1210172

P1210173

P1210174


Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 路上で叫ぶ!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
  • 水害被災からよみがえり、竹田市総合文化ホール「グランツたけた」開館しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ