建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
1996年よりドイツへ渡航し、その後、ベルリンに住み続けることとなった真のベルリーナー山下真智子さんが、KAMEベルリンで用いる小鹿田焼を求めて、雪中、小鹿田へ向かいました。
そして懐かしい坂本工窯の窯元工(たくみ)さん・創さん親子と逢うことができたのです。 

昨年の日田朝倉大水害は、小鹿田焼の里から川下へ降った小野の里を激しく襲ったため、小鹿田へ向かう途中の道路も寸断され、小野集落や道路のみならず小鹿田の復旧状況も十分把握できないままでした。

そんな中、わずかな情報を手繰り寄せながら、日本帰省のひとときの時間で一番行きたい場所は?と考えた山下真智子さんは、ぜがひともベルリンの名高いカフェKAMEで用いる民芸の器を得るための交渉をしたいと小鹿田焼の里へ向かったのでした。

大分自動車道はなんたく日田まで進むことができました。その後の日田の街中も進めたため、これなら大丈夫だろう、と山中の小鹿田を目指したのですが、昨年の水害で大きな被災を受けた途中の風景の変わり果てた様子は言葉にしがたく、なんとか復旧工事の道路を少しづつ通り抜けていきました。そして、後1.5キロという場所までなんとか達したものの、その先にはまだ雪が残る山中が立ちはだかっていたのです。

しかし偶然出会ったJAFのジープや行きすぎる車に助けられながら、車を途中で捨て、最後は歩いてでもたどり着きたい、と進んでいたところ、小鹿田の窯元の若奥さんの自家用車に拾い上げていただき、たんとか小鹿田焼の里に辿り着きました。

そしてお懐かしいお二人への再会。
P1140182

P1140171

P1140172

P1140173

P1140174

P1140175

P1140176

P1140177

P1140178

P1140179

P1140180

P1140181

P1140182

P1140183

P1140184

P1140185

P1140186

P1140186

P1140187

P1140188

P1140189

P1140190

P1140191

P1140192

P1140193

P1140194

P1140195

P1140196

P1140197

P1140198

P1140199

P1140200

P1140201

P1140202

P1140203

P1140204

P1140205

P1140206

P1140207

P1140208

P1140209

P1140210

P1140211

P1140212

P1140213

P1140214

P1140215

P1140216

P1140217

P1140218

P1140219

P1140220

P1140221

P1140222

P1140223

P1140224

P1140225

P1140226

P1140227

P1140228

P1140229

P1140230

P1140231

P1140232

P1140233

P1140234

P1140236

P1140237

P1140238

P1140239

P1140240

P1140241

P1140242

P1140243

P1140244

P1140245

P1140246

P1140247

P1140248

P1140249

P1140250

P1140251

P1140252

P1140253








 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 追悼特別展「多々納弘光の仕事」開催!
  • 追悼特別展「多々納弘光の仕事」開催!
  • 追悼特別展「多々納弘光の仕事」開催!
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • ベトナムを代表するファッションデザイナー・ミンハン女史の講演会が11月8日(木)夜、福岡で開催されます!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ