建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
1980年代より30年以上も国内外で数々のフィールドワークを展開してきたふ印ラボにとって、この頃「九州オルレ」なるものが気になっていたこともあり、今回の韓国・済州島踏査では、幹事役張慶彬氏の段取りでオルレの発祥の地であり、聖地とも言えるオルレ本部を表敬訪問しました。事務局のホさんへの聞き取り調査を通して、オルレの成立と展開に関する知見をさまざまに獲得できました。
P1110736

P1110734

P1110723

P1110724

P1110725

P1110726

P1110727

P1110728

P1110729

P1110730

P1110731

P1110732

P1110733

P1110734

P1110735

P1110736

P1110737

P1110738

P1110739

P1110740

P1110741

P1110742

P1110743

P1110744

P1110745

P1110746

P1110747

P1110748

P1110749

P1110750

P1110759

P1110760

P1110757

P1110751

P1110752

P1110753

P1110754

P1110755

P1110756

P1110758

P1110761

P1110762

P1110763

P1110765

P1110766

 
 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • ふ印ラボOBで世界のジャグラー望月ゆうさく、America’s got talent LIVEで演じる!
  • ふ印ラボOBで世界のジャグラー望月ゆうさく、America’s got talent LIVEで演じる!
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
  • 旧官営八幡製鉄所の産業遺産はどのようにインタープリテーション(解説)されているのか?
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ