建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
2017年12月16日(土)「九州大学芸術文化環境学会」の第8回研究会を開催しました!
15時~20時におよぶ長丁場となりました。大橋キャンパス524教室!
参加されたみなさまは、たいへんお疲れ様でした。

P1110242

P1110241

P1110199

P1110200

P1110201

15:0019:00【九州大学芸文化境学会 第8回研究会】会場:524教室
 

 20171216日(土)15:0019:00けて忘年会を兼ねた懇親会を九州大学藤原惠洋研究室において催)
 

マ:アトに支えられ、アトに映す省察と2017年欧州代美展が示唆する内省と共生
 

(1)基調講演 谷口文保先生(神工科大学准教授トププロジェクトディレクタ

   演   公共政策と芸術創造を支えるアトプロジェクト〜その省察と
 

P1110202

P1110201

P1110203

P1110204

P1110205

P1110206

P1110207

P1110208

P1110209

P1110210

P1110211

P1110212

P1110213

P1110215

P1110216

P1110217

P1110218

P1110219


(2)2017年欧州代美

 

2017年欧州で展した代美展を

藤原惠洋(本学会代表)地中海をびアテネドクメンタ(ギリシア)とベネチアビエンナレ(イタリア)・カッセルドクメンタ(ドイツ)、ミュンスター彫刻プロジェクト(ドイツ)にられた内省と共生への呼
 

欧州各地の代美

盛麻衣佳(アーティスト、博士(芸術工学)、小田原短期大学講師)カッセルドクメンタ(ドイツ)、ミュンスター彫刻プロジェクト(ドイツ)、ベネチアビエンナーレ(イタリア)
 
 

P1110220

P1110221

P1110222

P1110223


藤原旅人(アートボランティアプランナー、Cool technique of Arts 14 ディレクター、アーツカウンシル新潟プログラムオフィサー、九州大学大学院芸術工学府博士後期課程)ベネチア・ビエンナーレ(イタリア)、カッセル・ドクメンタ(ドイツ)、ミュンスター彫刻プロジェクト(ドイツ)、横浜トリエンナーレ(日本)

P1110224

P1110225

P1110226

P1110227

P1110228

P1110229

P1110230

P1110231

P1110232

 

張榮(九州大学大学院芸術工学府修士課程、前カールスルーエ造形大学交換留学)アート・バーゼル(スイス)
 

P1110233

P1110234

P1110235

P1110236


 

(3)ラウンドテブル

モデレ  
谷口文保先生
(アーティスト、博士(芸術工学)、神戸芸術工科大学大学院准教授芸術工学教育研究所長/アートクラフト学科、アートププロジェクトディレクター)


コメンテ

花田伸一先生(キュレーター、佐賀大学芸術地域デザイン学部准教授)
 

P1110237

P1110238

P1110239

P1110240

P1110241

P1110242

P1110243

P1110244

P1110245

P1110246

P1110247

P1110248

P1110249

P1110250

P1110251

 

藤原惠洋(本学会代表)盛麻衣佳(前出)、藤原旅人(前出)、張榮(前出)告者全にて「2017年欧州代美展が示唆する内省と共生」を討議、次世代へ向けた芸文化境づくりへの知と示唆をき出していく。

P1110252

P1110253

P1110254

P1110255

P1110256

P1110257

P1110258

P1110259

P1110260

P1110261

P1110262

P1110263

P1110264

P1110265

P1110266
 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 追悼特別展「多々納弘光の仕事」開催!
  • 追悼特別展「多々納弘光の仕事」開催!
  • 追悼特別展「多々納弘光の仕事」開催!
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • 日本「考現學」代表人物九州大學大學院藝術工學研究院藤原惠洋教授蒞會致詞,揭開系列活動序幕。
  • ベトナムを代表するファッションデザイナー・ミンハン女史の講演会が11月8日(木)夜、福岡で開催されます!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ