建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
1997年の旧九州芸術工科大学芸術工学部芸術情報設計学科創設以来、かつては第一講座とも称された芸術文化論講座に所属する芸術文化環境論研究室を主宰している藤原惠洋教授が教育上の中枢・根幹としてきた『芸術文化環境論』の集中講義が開講されました。

今年度前期、半年間の長期研究休暇(サバティカル)を取得したことから、 本来は前期開講だったものを後期へ開講時期を移行し、屈強な集中講義形式で始められたものです。

以下、講義冒頭に紙媒体で配布された今年度のシラバス(授業計画)です。

2017年度(本来は前期開講を後期に移動)「芸術文化環境論」集中講義プログラム

藤原惠洋 Prof,Dr,of Eng  Keiyo FUJIHARA  M.A.

九州大学芸術工学部芸術情報設計学科/九州大学大学院環境・遺産デザインコース 

連絡先 研究室 5号館5  電話092-553-4529 keiyo@design.kyushu-u.ac.jp  検索[ふ印ラボ]

 

 非常勤講師

 ●金澤一弘氏 1111日(土)14:5018:10
1958年熊本県天草市(旧本渡市)生まれ。丸尾焼5代目。熊本県工業試験場の伝統工芸後継者育成事業でロクロ及び石膏型の製造技術を習得し、1980年に5代目を継承。1995年に完成した新工房は熊本県のアートポリス表彰事業で推進選奨を受賞。熊本県伝統工芸協会会長、天草陶磁振興協議会会長、天草大陶磁器展実行委員長、他、公職多数。藤原曰く「哲学する陶芸家」
http://kumamoto-kougeikan.jp/kougei/kougeika/02_toujiki/amakusatoujiki/kanazawa.html
 

 ●秋葉美知子氏 1125日(土)13:0018:10
愛知県生まれ。一橋大学経済学部卒、パルコの販売促進、FM雑誌編集、西友宣伝企画、雑誌「アクロス」編集長などを経た後、近畿大学大学院で地域づくりとアート/デザインの関連をテーマに、パブリック・アート、コミュニティ・アートを研究。福岡県の旧星野村(現八女市)の第3セクター専務理事、活水女子大学(長崎市)特別選任教授を務めた後、2013年からアート&ソサイエティ研究センターにリサーチャーとして参加。主な論文に、「米国におけるパブリック・アート概念の成立」「全米芸術基金Art in Public Places プログラムの変遷に見るパブリック・アート概念の拡張」「アメリカの個人寄付メカニズムに関する一考察」、翻訳書に『グラスルーツ・シアター~アメリカの地域芸術を探して』(ロバート・ガード著)。
http://searesearchlab.org/member 
 


◆集中講義その1

1111日(土)

01(8:4010:10)藤原惠洋・ガイダンス・集中講義

02(10:3012:00)藤原惠洋・集中講義
 

昼食
 

03】(13:0014:30)藤原惠洋・集中講義
 

04(14:5016:20) 非常勤講師・金澤一弘氏・集中講義

05】(16:4018:10)非常勤講師・金澤一弘氏・集中講義

講師を囲んだ意見交換会 

 


◆集中講義その2

1112日(日)

06(8:4010:10)藤原惠洋・集中講義

07(10:3012:00)藤原惠洋・集中講義



◆)集中講義その3

1125日(土)

08(8:4010:10)藤原惠洋・ガイダンス・集中講義

09(10:3012:00)藤原惠洋・集中講義
 

昼食
 

10】(13:0014:30非常勤講師・秋葉美知子氏・集中講義

11(14:5016:20) 非常勤講師・秋葉美知子氏・集中講義

12】(16:4018:10)非常勤講師・秋葉美知子氏・集中講義

 
講師を囲んだ意見交換会 
 
 

◆集中講義その4[学外演習]

123日(日)10:0019:00学外演習 福岡市内の公立美術館ならびにアートスペース探訪 

目的地:福岡県立美術館、福岡アジア美術館,art space tetra(テトラ)


演習スケジュール

1310:0012:00福岡県立美術館(810-0001市中央区天神5-2-1 須崎公園内TEL  092-715-3551

10:00現地集合・福岡県立美術館1階玄関にて集合19:00

(1)   鑑賞 コレクション展(特集:美術館!)

(2)   ギャラリク 案内:里洋一氏(福岡県立美術館学芸課長

3)[ticket代]コレクション展入料(大学生体で一人100

 

休憩・昼食・移動

 

1414:0016:00福岡アジア美術館(市博多区下川端町3-1 リバレインセンタビル78)

14:00現地集合・福岡アジア美術館ロビー(博多リバレインビル7階)にて集合

(1)   鑑賞 特別企画展「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」展(20171103日(金) 20171225日(月):企画ギャラリA/企画ギャラリB/企画ギャラリC

(2)   案内:五十嵐学芸員

(3)   ならびにアジアギャラリーにて常設展観覧

(4)   ticket代]「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」展入場料(大学生・団体で一人300円)

(5)   オルタナティブスペース「2023」「テトラ」でサンシャワー関連イベント催中。

 

休憩・移動

 

1517:0019:00 art space tetra(福岡市博多須崎町 2-15

17:00現地集合・art space tetraにて集合

(1)鑑賞 ZINE(自主制作雑誌)イベント開催中(15:0020:00学を通して「オルタナティブスペース」と次世代アートを考える。

(2)案内:江上賢一郎氏(アクティヴィズム研究/写真家) Kenichiro Egami Photographer/Researcher

(3)ticket代]無料

 
講師を囲んだ意見交換会

 

【成績・評価】

成績は集中講義の出席ならびに毎開講時に実施するフィードバックシートへの記述内容と最終的に提出されたレポート(内容は12月3日(土)学外演習時に発表・配布)の評価得点を合計し評価する。

 

P1080825

P1080826

P1080827

P1080829

P1080828

P1080830

P1080832

P1080833

P1080834

P1080835

P1080836

P1080821

P1080838

P1080839

P1080840

P1080841

P1080842

P1080843

P1080844

P1080845

P1080847

P1080850

P1080852

P1080853

P1080854

P1080855

P1080857

P1080858

P1080859

P1080860

P1080861

P1080862

P1080863

P1080864

P1080865

P1080867

P1080868

P1080869

P1080870
















 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ