建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
秋の深まりを感じる頃、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
宗像国際環境会議では、大変お世話になり、誠にありがとうございました。

さて、応援頂いております宗像の海の再生プロジェクトUMI・SACHIプロジェクトを実施致します。
3つのUMI・SACHIプロジェクト実施に向けて、クラウドファンドも開始致しました。
豊かな海は自然循環の中で、人類をはじめ様々な幸を育みます。
UMI・SACHIプロジェクトは、そんな海を取り戻すために取り組みます。
この活動に対する深いご理解とご協力をお願いします。

■3つのプロジェクトを紹介するサイト:

UMISACHI推進会議: http://umisachi.org

【各プロジェクトの詳細情報】

「海育て」: https://readyfor.jp/projects/umi-sodate

「海調べ」: https://readyfor.jp/projects/umi-shirabe

「海渡り」: https://readyfor.jp/projects/umi-watar


お心温まるご支援を宜しくお願い致します。

益々のご多幸とご発展を心よりお祈り申し上げます。



一般社団法人UMI・SACHI推進会議
〒811-3505 福岡県宗像市田島755-4
代表理事 養父信夫

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 第8回九州大学図書館創造研究会を開催します!2018年1月19日(金)
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ