建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

IMG_7936

皆さん、こんにちは。

去年10月からドイツのカールスルーエ造形大において交換留中の九州大院芸術工府環境・遺産デザインコース・藤原究室修士課程の張榮です。


私の交換留生活もあまりってないですが、より有意義な時間として過ごすため、8月にはドイツのカールスルーエから離れ現在はドイツのベルリンの近くで生活をし、ベルリンを巡りながら、交換留生活のりの時間を過ごしています。


今回は、ドイツのベルリンにあるユダヤ人虐殺追悼公園(Memorial to the Murdered Jews of Europe)を紹介したいと思います。私はドイツにくる前からここには必ずきてみたかったのですが、やっと来ることができました。


ユダヤ人虐殺追悼公園(Memorial to the Murdered Jews of Europe)は第二次世界大戦当牲になった600万人のユダヤ人を追悼するための記念公園で、ホロコースト記念碑(Holocaust Memorial)とも言えます。ホロコースト(Holocaust)は第二次世界大中ナチスドイツによるユダヤ人大虐殺を意味します。


ホロコースト記念碑(Holocaust Memorial)は1980年代中頃、ユダヤ人たちからの設立建議により設立されることがきまりました。その後、アメリカ建築家ペーターアイジェンマン(Peter Eisenman)により設計され、1999年から2005年まで工事を行い、第二次世界大が終わった後の69周年目、2005年に完成しました。

記念公園はベルリン市内の中心部位置されていてベルリンにたら簡に見にいくことができます。遠い距離からこの公園をみると、多くの長方形でグレーの石碑が立てれている子がわかります。高さ0.2mから4.8mまで2,711個の記念碑が置かれていました。


公園の中に入り、その記念碑の間をいてみました。迷路のように構成されている2,711個の碑の間をいてみると牲になったユダヤ人たちの苦痛が感じられるようでした。記念碑の高さがすべて異なり、私の背より高い碑の中で立ってみると、光や影の影響により、犠牲になった人々の心情がより深く感じられ気がしたのです。私は純に見に行っただけなのですが、その中で時間を過ごすほど悲しくなってしまいました。同時にこの公園を通して、ユダヤ人たちの心情を人に理解しやすくし、感情の達がよくできているように思えました。感情を建築物として表現することで、視的で果的な達力を持っていると思います。


公園だけではなく部で連結されている展示もありました。展示は無料でみることができますし4月から9月までは午前10時から午後8時まで、10月から3月までは10時から午後7時まで開いています。(月曜日は休館)。私が展示を見ようとした時も多くの人が展示を見るためんでいました。


展示をみに行くと、牲になったユダヤ人たち一人ひとりの名前や個人記を見ることができました。この展示場は虐殺されたユダヤ人の心情や心理をよく表しているようでした。非常に暗い空間の中でユダヤ人たちの日記や記がある記事だけが照明に照らされていました。時ユダヤ人たちが家族へ書いた手紙もあり、一つ一つをみながら、彼らの苦しみさや悲しさを大きく感じ、私は更に苦しくなりました。それ以外にもドイツがユダヤ人たちにどんな虐殺行をしたのか、どんなユダヤ人家族が亡くなったのか、時虐殺した場所についても写真を通して見ることができました。


IMG_7892

IMG_7904

IMG_7903

IMG_7906

IMG_7907

IMG_7909

IMG_7918

IMG_7914

IMG_7895

IMG_7934

IMG_7933

IMG_7929

IMG_8618

IMG_8627

IMG_8630

IMG_8636

IMG_8655

IMG_8656

IMG_8660

IMG_8663

IMG_8677

IMG_8678

IMG_8683

IMG_8668

IMG_8670

IMG_8680

IMG_8685

IMG_8684

IMG_8686

IMG_8693

IMG_8689

IMG_8694

IMG_8695

IMG_8698

IMG_8699

IMG_8711

IMG_8718

 このようなユダヤ人虐殺追悼公園(Memorial to the Murdered Jews of Europe)がドイツの首都ベルリンに建てられているというのはドイツ人たちの反省がなかったら絶できない結果の公園だと思います。ドイツ人たちの心も感じられるような公園でもあり、今までは感じられなかったユダヤ人たちの心情を少しだけでも感じられ史の重要性についてももう一度考えるようになりました。私だけではなくこの記念公園には多くの光客がきて時の況や雰囲気を感じると思います。悲しい物語ではありますが、史を忘れない、記憶できるような場所でもあると思います。我が住んでいる現代でも時間が流れ、史は作られて行っていますが、過去の物語、歴史を忘れずに現代、現在を生きていくのが重要だと思います。
                                        M2 張榮



Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ