建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_2970

皆さん、こんにちは。
去年10月からドイツのカールスルーエ造形大学において交換留学中の九州大学大学院芸術工学府環境・遺産デザインコース・藤原研究室修士課程の張榮です。

 私はドイツのカールスルーエに来て8カ月になりますが、なんとサバティカル中の藤原恵洋先生に6月22日大学で会うことができました!! 
 
 留学先のカールスルーエで先生にお会いでき、本当に嬉しく、また、先生がドイツ内外の様々なところを調査をしながら元気に過ごしていらっしゃることを知り、私は先生からさらなる刺激的な栄養をいただきました。
藤原先生はこの日カールスルーエの近くの小さな町Buhlからカールスルーエ大学まで来てくださったので 、学内を先生と一緒に回って見ることができました。大学の全体的な雰囲気を感じながら、展示場、学内の劇場、カフェ、図書館などを回りました。
 
 私が去年ドイツのに来て、カールスルーエ造形大学を初めて見たときには本当に驚きましたが、今回、先生と一緒に見てまわることで、より深く、違った角度から考えることができました。カールスルーエ造形大学については以前も紹介しましたが、キャンパス自体がいつでも、どこでも講演、展示などのための空間として変化し、その場で雰囲気を演出できるような建てられ方をしています。学生は授業のときの成果物を大学の中で当たり前のように展示しています。そのため大学内では、いつでも新しい展示やプロジェクトを通したプレゼンテーション、学生たちの演習課題の成果や実験的な表現活動を自由に見ることができます。このようなことについて初めて見たとき感動し、次に見た時は、このような自由な表現活動や成果物との出会いをつくる大学の施設はとても重要で、芸術が私たちの生活に溶け込むしくみをつくっていくことが大切なのだと感じました。カールスルーエ造形大学のような大学および大学以外の様々な建物などが韓国、日本、どちらにも建てられ、学生たちが芸術により積極的に関心を持てるような環境が身近にあればと思うようになりました。

 藤原先生がカールスルーエ造形大学の内あるZKM美術館で展示を観覧したときに展示場の中で学芸員なのか大学の若い先生なのか、市民向け、学生向けに美術の説明をしながら回っている人々に出くわし、実際に芸術文化施設が併設されていて常に美術製作の現場や実際の芸術創造行為との背中合わせの毎日があることで、新しい価値や意味を生み出すことができる、キャンパスやその中の展示のしくみは、学生の芸術創造に大きな役割を果たしているように思えるとおっしゃっていました。このような環境は九州大学の芸工キャンパスで藤原先生が長らくしたいしたいと思っていたインタープリテーション活動であるということでした。


IMG_2931

IMG_2932

IMG_2933

IMG_2934

IMG_2935

IMG_2936

IMG_2938

IMG_2939

IMG_2941

IMG_2942

IMG_2943

 IMG_2944

IMG_2945

IMG_2946

IMG_2947

IMG_2949

IMG_2950

IMG_2953

IMG_2954

IMG_2955

IMG_2956

IMG_2957

IMG_2958

IMG_2960

IMG_2959

IMG_2961

IMG_2962

IMG_2963

IMG_2964

IMG_2965

IMG_2966

 交換留学を通して今までたくさんのことを学び、また、今までできなかった経験などもたくさんしています。
交換留学が終わるまで2ヶ月となってしまいましたが、これからも残っている時間を価値がある時間として過ごしていきたいと思っています。
 これからの活動などもブログを通して発信して行きたいと思っています。
みなさん、日本は本格的な夏に入ったと思いますが、元気にお過ごしください。



M2張 榮








 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ