建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

IMG_6412

皆さん、こんにちは。

去年10月からドイツのカールスルーエ造形大学において交換留学中の九州大学大学院芸術工学府環境・遺産デザインコース・藤原研究室修士課程の張榮です。

今度私はスイスのバーゼルで行われる第46回アートバーゼルに行って来ましてみなさんにも紹介したいと思います。


まず、スイスのバーゼルはスイスの北西の上流にある地域で、フランスとドイツで囲まれた3国の国境地点に位置されていまして、人口は約17万人、スイスでは二番目に面積が大きい大都市です。


スイスのアートバーゼルは1年に1回毎年6月に行われる世界最大アートフェアで美術系のオリンピックと呼ばれていて、今年は6月15日から18日まで4日間行われました。

スイスのバーゼルは昔から商業と交通の中心地で、世界的な美術館やギャラリー、公園のための場なども集まっていて、このような豊かな文化的背景と施設の充実などにより1970年に最初のアートバーゼルが開催されることになりました。今年は46回目になります。最初の回には10カ国から90のギャラリーが参加していますが、スイスのバーゼルの地域的な長所としてフランス・ドイツとも近く、輸送や移動やに便利なのに加え、アーティストたちの努力により現在は世界最大規模のアートペーアに発展しています。

2014年には34カ国の284のギャラリーから参加しましたし、今年2017年にはのアートバーゼルには全世界の291のギャラリーが参加し、約4000名のアーティストの作品が展示されました。参加するギャラリーは世界から来ますが、厳しい審査を通して選ばれます。


また、2002年からはアートバーセルはマイアミビーチ(Art Basel in Miami Beach)でも開催され、2013年は香港(Art Basel in Hong Kong)を開催しました。スイスのアートバーセルを含め、この三つのアートフェアは香港が3月、スイスは6月、アメリカのマイアミビーチでは12月に順番に開催されます。


アートバーゼルの空間構成については、重要なメイン空間になるアートギャラリー(Art Galleries)、実験美術のためのアートアンリミテッド(Art Unlimited)、力量のある若手作家の個展である「アートステートメント(Art Statements)」、映画やビデオ作品を上映する「アートフィルム(Art Film)」、出版物を展示する「アーティストブック(Artist Books)」、セミナープログラムである「アートバーゼルカンバセーション(Art Basel Conversations)」などで構成されます。

毎年6月に開催されるアートバーセルでは現代美術の最新の情報や流れを知ることができる場で、美術に興味がある一般人もチケットを買って回ることができますし、気になる作品があれば買うこともできます。


アートバーセルが始まる15日に私は行きましたが、多くの人たちがアートバーセルを観覧するため集まっていました。私も芸術に関心がある人間として、今年のアートバーセルに期待しながら入場を待っていました。

中に入りましたら多くの現代美術の作品が展示されていました。作品の数が多かったので、自分が必ずみたいと考えている作品やギャラリーは地図を持ち歩きながら、観覧することができました。「アートフェアで現代美術の最近の流れを読みことができる」という話を作品を観覧してみたらすぐ感じることができました。彫刻、絵画、設置美術、パフォーマンス、オブジェなど様々な形の作品を見ることができました。展示をみながら、現代美術はいつも作品を通して新しい感情や感覚を感じられると思いました。

IMG_6411

IMG_6020

IMG_6024

IMG_6041

IMG_6042

IMG_6046

IMG_6049

IMG_6052

IMG_6050

IMG_6053

IMG_6057

IMG_6418

IMG_6419

IMG_6060

IMG_6061

IMG_6065

IMG_6069

IMG_6071

IMG_6072

IMG_6077

IMG_6082

IMG_6087

IMG_6096

IMG_6108

IMG_6117

IMG_6120

IMG_6124

IMG_6126

IMG_6127

IMG_6135

IMG_6136

IMG_6137

IMG_6139

IMG_6149

IMG_6158

IMG_6169

IMG_6177

IMG_6183

IMG_6184

IMG_6189

IMG_6194

IMG_6195

IMG_6197

IMG_6199

IMG_6201

IMG_6209

IMG_6212

IMG_6216

IMG_6223

IMG_6229

IMG_6235

IMG_6243

IMG_6246

IMG_6249

IMG_6250

IMG_6254

IMG_6260

IMG_6261

IMG_6275

IMG_6279

IMG_6283

IMG_6286

IMG_6287

IMG_6288

IMG_6289

IMG_6306

IMG_6293

IMG_6308

IMG_6310

IMG_6312

IMG_6317

IMG_6318

IMG_6321

IMG_6324

IMG_6325

IMG_6329

IMG_6331

IMG_6332

IMG_6336

IMG_6338

IMG_6340

IMG_6341

IMG_6346

IMG_6350

IMG_6357

多くの作品の中で特にこの作品はとても面白かった作品の中で一つになります。
この作品は調理器具で建てられた家の形をしている作品ですが、実はレストランになります。お客さんがその中で食べ物を食べるというのも作品の一部になるということです。写真を見ると、アートフェアを見に来た観覧客が、作品の中で食べ物を食べることで、作品の一部になっていることを確認することができます。レストランは事前に予約をとり、食べる経験をすることができます。私も中で食べてみるという体験をとおして作品の一部になりたかったのですが、残念ながら人が多くて予約が取れず、この体験をすることはできませんでした。今まで静かで硬い雰囲気で感じられた展示場で美味しい匂いや人々が食べる音、お皿の音などが混じり合い、より賑やかな雰囲気を感じて、本当に面白い経験でした。この作品はスイスのアートバーセルで見なければならない作品の一つとして選ばれていまして、作家の名前は「Subodh Gupta」、作品の名前は「Cooking the World」になります。Subodh Guptaはインド人で、様々な言語、文化、様式、宗教が混在されている、インドの現代社会をよく表現している作家であります。Subodh Guptaはインドのダミアンハースト(Damien Hirst:世界で著名な現代芸術家の一人)と呼ばれるほど現代美術系で注目されている作家です。日常的な素材を利用して新鮮で新しい感覚や感じを生み出していくのがSubodh Guptaの作品の特徴になります。特に彼はステインレスの素材の鍋、お皿などを作品を制作するときよく使うのですが、これは実際にインド人が使っていたお皿や鍋です。

IMG_6359

IMG_6360

IMG_6364

IMG_6375

IMG_6377

IMG_6378

IMG_6381

IMG_6393

IMG_6396

IMG_6399

IMG_6404

新鮮な形の作品や表現方法、また空間の変化による作品の表現など、美術作品というのは表現方法には限りが無く、どんな形でも自分だけの表現方法で表出したらなんでもアートになるということをもう一度感じることができました。多くの作品を見ながら作品に対して、単純に「かっこいい」と思ったと同時に、このような素晴らしいアートというのが現代の人々にどんな刺激を与えるのか、どんな役割をしているのかについても考えるようになりました。アートバーセルには本当に多い人が集まっていてアートを鑑賞していました。アートバーセルに来て作品を見ている人たちはどんな理由でスイスのバーゼルまできて、何をために作品を見ているのかにも考えてみたくなりました。このように多くの人がアートを観覧するために全世界から集っていることをみると、我々の人生の中でアートというのが大きいな役割を担っていること影響力を持っていること、作品を通して、言葉では表現できない感情、感動、刺激を受け取っていると思います。

M2 張 榮

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ