建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
戦後、東西ドイツが分かれ、東西ベルリンが壁によって隔てられる前、ベルリン都心部の広大なティアーガルテンの北を流れる西ベルリン側シュプレー川沿のハンザ地区を敷地として『 Interbau - Berlin 57、Expo 1957』が開催されました。
会期は1957年7月6日〜9月29日まで。
テーマは
「ハンザ地域の再建(Reconstruction of Hansa Area)」。
ゲートがあり、入場料が徴収されるという特別博覧会でした。

そこには当時の世界を代表する建築家が寄り集い、集合住宅をはじめとする建築群
を設計し、実際出来上がったそれらを展示する、さらに水面下での出来事を見ていけば、冷戦時代を象徴する思惑があったと聞きます。東ドイツ側に豊かな住空間を示しながら未来を誇示するという趣向だったのです。
そして博覧会終了後は、この地で実際に供用されていったのです。

戦前から活躍を続けたフランス在住のル・コルビュジェ(代表的な作品はシリアル・ノミネーションで世界文化遺産登録)、ドイツのワルター・グロピウス(代表的な作品バウハウス・デッサウ校舎やマイスター住宅、さらにはベルリン市内のモダニズム集合住宅は
世界文化遺産登録)をはじめ、フィンランドのアルヴァ・アアルト、デンマークのアルネ・ヤコブセン、ブラジルのオスカー・ニーマイヤー(ブラジリアは世界文化遺産登録)、ハンス・シャロン(直後からベルリン・フォルハーモニーを設計)、そして全体計画に指導的な立場を見せたオットー・バートニングなど、名だたる建築家が競い合うように数多くの集合住宅を建てて行きました。
P1480713

P1480714


P1480715

P1480716

P1480717

P1480718
 
P1480693

P1480692

P1480691

P1480698


P1480703

P1480706

P1480707

P1480704

P1480705

P1480710

P1480708

P1480709

P1480721

P1480722

P1480730

P1480723

P1480724

P1480725

P1480726

P1480727

P1480727

P1480729

P1480731

P1480732

P1480733

P1480734

P1480735

P1480736

P1480737

P1480738

P1480739

P1480740

P1480741

P1480742





 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ