建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_8740

皆さん、こんにちは。
去年10月からドイツのカールスルーエ造形大学において交換留学中の九州大学大学院芸術工学府環境・遺産デザインコース・藤原研究室修士課程の張榮です。
私はイタリアのヴェネチアで開催中のヴェネチアビエンナーレに行ってきました!ここで見てきたものを是非皆さんにも紹介したいと思います!
 ヴェネチアビエンナーレは今年57回目で2年ぶりに開催される国際的な美術展示会で、5月13日から11月26日まで約6ヶ月間ヴェネチア全地域を中心に展示が行われています。まず、ビエンナーレ(Biennale)という意味はイタリア語で「2年ぶり」という意味で2年に1回開催される美術展示会や美術イベントを指す意味として使用されています。ヴェネティアビエンナーレは1895年から始まり100年以上の歴史を持ち、国別の参加方式を採ることから美術系のオリンピックとも呼ばれています。このビエンナーレはイタリア統一によりヴェネティアの独立を失ったヴェネティア議会が、1893年国王の銀婚式を記念してこのまちが人文の面で貢献する都市になることを決議し、1895年第1回ヴェネチア市国際芸術展示会を開催したことによります。開催当初から多くの人々に支持され、持続的な国際展示として発展していきました。
 ヴェネチアビエンナーレの特徴としては、商業的ではなく非商業で、展示により新しい美術作品を創出していくのが目的にあります。また、1895年に最初に開催されたときは「ベネチア市国際美術展示会」でしたが、その後、2年に一度行われるようになり、「ヴェネチアビエンナーレ」と呼ばれるようになりました。3年に一度開催される展示会をトリエンナーレ(Triennale)、4年に一度開催される展示会をカァドリエンナーレ(quadriennale)と言います。

IMG_8734

今年のヴェネチアビエンナーレのテーマは 「Viva Arte Viva」。Vivaはイタリア語で万歳、Arteは芸術という意味で「万歳!芸術 バンザイ!」という意味になります。また、2017年ヴェネチアビエンナーレの総監督はクリスティンマセル(Christine Marcel)です。クリスティンマセル(Christine Marcel)は2013年ベニスビエンナーレのフランス館のキュレーターもしましたし現在はフランスパリポンピドゥーセンター(Pompidou Center)で現代美術部門のキュレーターとして活躍しています。クリスティンマセルは今度の展示を「アーティストと一緒に、アーティストにより、アーティストのために」ということに焦点を合わせて現時代に芸術家たちがどのような社会的な役割をしなければならないなのかということを考えながら企画たと伝えていました。

ここでの重要な展示空間は二つあり、ひとつはカステッロ公園(”Giardini di Castello ”でこれを短くしてジャルディーニ”Giardini”と言います)とやアルセナーレ(Arsenale)です。ジャルディーニは公園の中に中央展示館や国別に29カ所の展示館が集まっています。アルセナーレは造船所、武器製造所だった建物を改造して展示館として活用している空間です。ジャルディーニは29の展示館のみなので、ここに展示館が無い国はアルセナーレに展示されます。この二つの空間のどちらにも展示館がない国はヴェネチアの全地域の中で特別に展示館を開くことができます。
 チケットを買う時ジャルディーニ(Giardini)、アルセナーレ(Arsenale)のチケットを一緒に買うことができますが、入る時には空間が分けられていて別にチケットを提出してから入ります。ジャルディーニ(Giardini)、アルセナーレ(Arsenale)に入るチケットがなくてもベニスの全地域では無料で見られる展示が多くて、このビエンナーレ期間中ではヴェネチア自体が一つの作品になっていると感じられました。とても大きくて広いので1日に全部を見ることは無理で、効果的な見学ルートを計画した方がよいかもしれません。今年参加する国は51カ国で、120名の作家の作品をみることができます。

今年、私がヨーロッパに留学している期間にヴェネティアビエンナーレを観覧することができ、本当に嬉しかったです。特に、2017年は2年に1回開催されるこのヴェネティアスビエンナーレ以外にも、毎年6月スイスのバゼルで行われるアートバゼル(Art Basel)、5年に1回行われるドイツのカセルのドキュメンタ(Documenta)やギリシャアテネのドキュメント、10年に1回行われるドイツのミンスター彫刻プロジェクターもあります。このような重要な国際展示が2017年は一緒に開催され、今年はヨーロッパにとって特別な美術展示の年になります。また、 日本では今年、3年ぶりに開催される「横浜トリエンナーレ」が第6回目展示として国際現代美術展が2017年8月4日から始め11月5日まで「星、星座、ガラパゴス(Islands, Constellations and Galapagos)」というテーマで開催されます。私が日本に戻ったら必ず見たいと思っています。
 
IMG_8739

IMG_8742

IMG_8759

IMG_8808

IMG_8809

IMG_8814

IMG_8815

IMG_8816

IMG_8818

IMG_8821

IMG_8822

IMG_8823

IMG_8824

IMG_8744

IMG_8761

IMG_8782

IMG_8787

IMG_8834

IMG_8827

IMG_8839

IMG_8851

IMG_8856

IMG_8863

IMG_8906

IMG_8912

IMG_8930

IMG_8932

IMG_8954

IMG_8960

IMG_8962

IMG_8967

IMG_8980

IMG_8989

IMG_8991

IMG_9001

IMG_9015

IMG_9018

IMG_9024

IMG_9028

IMG_9031

IMG_9047

IMG_9053

IMG_9055

IMG_9059

IMG_9068

IMG_9071

IMG_9083

IMG_9100

IMG_9128

IMG_9131

IMG_9136

IMG_9154

IMG_9163

IMG_9171

IMG_9175

IMG_9186

IMG_9195

IMG_9201

IMG_9211

IMG_9220

IMG_9236

IMG_9255

IMG_9264

IMG_9275

IMG_9283

IMG_9293

IMG_9298

IMG_9306

IMG_9313

IMG_9325

IMG_9327

IMG_9334

IMG_9348

IMG_9353

IMG_9363

IMG_9377

IMG_9390

IMG_9440

IMG_9447

IMG_9453

IMG_9462

IMG_9507

IMG_9467

IMG_9516

IMG_9518

IMG_9520

IMG_9534

IMG_9541

IMG_9535

IMG_9547

IMG_9548

IMG_9555

IMG_9579

IMG_9609

IMG_9634

IMG_9646

ここではアルセナーレ(Arsenale)で観覧した作品の写真を載せました。次はヴェネチアビエンナーレの重要展示空間の一つであるジャルディーニ(Giardini)についても紹介していきたいと思います。


M2 張 榮





 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ