建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
スライド1

 博士論文公聴会のご案内

 発表者國盛麻衣佳氏

 福岡女学院大学非常勤講師・アーティスト          九州大学大学院芸術工学府環境・遺産デザインコース博士後期課程単位取得満期退学 藤原惠洋研究室OG
 

 論文題目 

  「炭鉱美術旧産炭地固有の美術活動の成立と展開


   日時:2017年2月1日(水)16:30〜18:30

     場所:九州大学大橋キャンパス 5号館1階512教室 

  どなたでも臨席できます。 

Comments

    • いーちゃん's comment
    • 2017年01月08日 18:13
    • 5 國盛様、博士論文公聴会の成功を心から願っております。

      丁度、1月末から2月あたりは最も寒い時期かと思います。
      くれぐれも御自愛くださいませ。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 第10回ふ印ラボ学生定例ゼミ2017.6.20
  • 第10回ふ印ラボ学生定例ゼミ2017.6.20
  • 第10回ふ印ラボ学生定例ゼミ2017.6.20
  • 第10回ふ印ラボ学生定例ゼミ2017.6.20
  • ドイツのカールスルーエで藤原先生にお会いできました!2017.6.22
  • ドイツのカールスルーエで藤原先生にお会いできました!2017.6.22
  • ドイツのカールスルーエで藤原先生にお会いできました!2017.6.22
  • ドイツのカールスルーエで藤原先生にお会いできました!2017.6.22
  • ドイツのカールスルーエで藤原先生にお会いできました!2017.6.22
  • ドイツのカールスルーエで藤原先生にお会いできました!2017.6.22
  • ドイツのカールスルーエで藤原先生にお会いできました!2017.6.22
  • ドイツのカールスルーエで藤原先生にお会いできました!2017.6.22
  • ドイツのカールスルーエで藤原先生にお会いできました!2017.6.22
  • ドイツのカールスルーエで藤原先生にお会いできました!2017.6.22
  • ドイツのカールスルーエで藤原先生にお会いできました!2017.6.22
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ