建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

菊池市「地域のなりわいづくり事業」が始まりました。

41

22

36

51

https://www.facebook.com/events/1449131275097093/

のスピーカーとして、「地域」✕「情報発信」の魅力と、それを「なりわい」とした経緯をお話させていただきました。

自分の「なりわい」とは何か。

どう紹介したら良いだろう、と迷う中で、久しぶりに自分の仕事を自分で配信してみました。

佐藤さんの鋭い質問にドキドキしながらも「配信しているから」と抑えることなく、自分の言葉でお話させて頂きました。

起業や地域づくりだけでなく、みなさんの普段の「しごと」や「くらし」がちょっと楽しくなるような、ソーシャルメディア活用のヒントをお伝えできたとしたら幸いです。


【菊池まちづくり道場第45番開催御礼】
【地域の先駆者に学ぶ なりわいづくり事業第1回開催御礼】

皆さま

 昨晩(12/17)は、多くの皆さんにご参加頂き、まちづくり道場第45番(なりわいづくり事業第1回)を開催することが出来ました。ゲストの斉場さん、協力隊の村上さんはじめ、皆さんに御礼申し上げます。

 普段の道場とは違い、1.趣旨説明、2.協力隊報告、3.講演、4.対談、5.質疑応答といった流れで進みました。重厚ですね(笑)
協力隊報告は、伊藤亮さん(魅力発信マイスター)です。伊藤さんは、菊池市広報の菊池人コーナーなどご担当されています。お城が趣味という好青年、入稿前のお忙しい中にも関わらずご参加いただきました。

 しかし斉場さんのお話、本当に面白かった。twintrain、農ストリーム、そして、さいーばとれいんへという事業展開のお話に併せ、退職から起業への踏ん切りのこと、サラリーマンとの違い・その意味、価値の作られ方、ボランティアとの境界、なりわいの捉え方・つくり方、等々。「なりわいづくり」のヒントが散りばめられていました。

 でも、一番近くで聞いていて、心から感心したのは、斉場さんの論理的でわかりやすい筋の通った話し方、受け答えの仕方です。どうしてかな、、と考えると、おそらく非常に良く考え抜いておられるからだと思います。目の前にいて、自分の聞き手の拙さが好対照で(笑)、それが一層良くわかった。

 プレゼンって大事です。でもそれ以前に、考え抜いておくことが大事。営業先には、突然私みたいに根掘り葉掘り聞く人間もいますから。このあたり、大学生にも聞かせたいな、なんて。(今回、菊高生が来てくれました!嬉しかった。Y先生ありがとうございます。)

 さて、このなりわいづくり事業とのコラボは、来年3月まで続きます。次回は、1月21日です。全4回の内容は、いずれ何らかの形にまとめてご報告出来たらと思います。

 佐藤 忠文

 ※ 今回斉場さんのご好意で斉場さんのfacebook上からのネット配信も行いました。斉場さんのお知り合いの方から数十件もの熱心な反応が返って来ていました。
 https://www.facebook.com/toshiyuki.saiba/videos/1183649618350887/


【次回ご案内】

 ご案内のとおり、12月〜3月までのまちづくり道場は特別編です!地域の先駆者に学ぶ「なりわいづくり事業」とコラボレーション、菊池市地域おこし協力隊の皆さんと一緒に、先駆者の皆さんからお話を伺います。「地域」で「起業」するとは、よく聞く文句ですが、そこにはどんな意味が含まれているのでしょうか。「都会」で「起業」することと違うのか、はたまた「会社」で「働く」こととは違うのか。イメージ先行の世の中で、その実をお聞きしたいと思います。

 さて1月は、大分県出身で理学療法士、フィットネスジム経営をされている一水さんをお招きして開催します。個人的に、フィットネス=健康のための運動は、地域のなりわいとして最適のように思えます。なぜなら関心も必要性も高いけど、ひとりでは続かないから。有料で構わないので誰かのサポートが欲しい。そして、なるだけ家の近くがいい。日常的な継続が必要だからです。前々回お招きした地域おこし協力隊の北里さんは、公民館で健康教室など開かれています。それらが、「なりわい」になったら良いなと思うわけです。さてどんなお話になるか、乞うご期待ください。

 ※ 日程が通常と違います。また、開始時間が若干早いです。ご注意ください。
 ※ 申し込み期限もありますが、きっと?大丈夫!まずは私か、申し込み先までご連絡ください。

☆☆【第46番】☆☆
ゲスト : 一水 孝志(理学療法士・スポーツジム経営)
日 時 : 1月21日(土)18:30〜20:30
会 場 : 松倉邸
URL  : 
https://www.facebook.com/events/1179358042153242/

【第47番】
ゲスト : 松岡 義清((株)コッコファーム代表取締役)
日 時 : 2月25日(土)18:30〜20:30
会 場 : 松倉邸
URL  : https://www.facebook.com/events/1156676904428548/

【第48番】
ゲスト : 山下 和貴((株)サンワハイテック代表取締役)
日 時 : 3月11日(土)18:30〜20:30
会 場 : 松倉邸
URL  : https://www.facebook.com/events/562250300635213/

【 お問い合わせ先 】
まちづくり中間支援団体「菊池養生詩塾」
住所 : 菊池市隈府1392-2
  ※ 事務所 松倉邸南側( 常駐ではありません。)
電話 : 090-4349-3511(事務局 佐藤)
E-Mail : syanporionあっとま〜くgmail.com

--
/////////////////////////////////////////////////////
佐藤 忠文(tadafumi sato)
熊本県立大学 特任講師(教学IR室/COC推進室)
まちづくりグループ「菊池養生詩塾」事務局長
九州大学大学院芸術工学府博士後期課程
mail : syanporionあっとま〜くgmail.com
/////////////////////////////////////////////////////

"運営団体" : 菊池養生詩塾
 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ