建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
12月15日(木)午後7時、福岡市博多区下川端町の福岡アジア美術館あじびホール。
作曲家の樅山智子さんの呼びかけで立ち上げられた「マイノリマジョリテ・トラベル」が手掛けた表現活動における「障害」の概念への問題提起を行った「東京境界線紀行」プロジェクト。同プロジェクトに関わった人々やそれらを取り巻く社会の10年後を追った映画。
上映の前後にトークショーもある。
定員100人。
前売り千円、当日1200円。
九州大大学院芸術工学研究院長津結一郎研究室=092(553)4648。

さらに大澤寅雄さんからも以下のメッセージが届きました。

東京・アーツ千代田3331で Tokyo Art Research Lab の「思考と技術と対話の学校」で、社会学者の 山田 創平 (Sohei Yamada) さん、アーティストの川口隆夫 Takao Kawaguchi さんと私の3人で「越境の作法」というテーマで話をさせてもらいました。そこでは主にセクシュアリティをめぐる境界線と、私たちはどう向き合うのかという話をしました。 創平さんが、社会の中で対立を生む多くの問題は「二項対立」で捉えられがちだけれども、実は「中心と周縁」という構造で捉えると、まったく違って見えてくる、という話がありました。 この映画は、10年前の2006年に行われたアートプロジェクトの記録です。“健常”=中心、“障害”=周縁という図式を入れ替えると社会はどう見えるのか。周縁に位置する“障害”の多様性と、その個別の違いから生まれる分断をどう乗り越えるのか、という実験でもあったと思います。 10年前も現在も、東京には、溢れかえる人たちによって多様性が生まれていますが、昨日、創平さんと川口さんと対話しながら、もしかしたら、徐々に中心が周縁を回収しつつあるんじゃないか。明るい光の中に周縁を取り込んでしまうことで、多様なものを均質化しようとしているんじゃないか、という気がしました。 福岡は、とても豊かな多様性のある都市だと私は思っています。でも、ともすると、いまの福岡は、経済性の追求とともに「東京化」しているような気がするし、福岡ならではの多様性を失う方向に向かってはいないだろうか、という気がします。 福岡でアートに関わっている人たちに、ぜひ、この検証に立ち会ってほしいです。どうかよろしくお願いします。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 2017年12月16日(土)「九州大学芸術文化環境学会」を行います!15時~大橋キャンパス524教室!
  • 第7回九州大学図書館創造研究会を12月21日にこどもの本専門店「エルマー」で開催します!
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
  • 九州大学地域情報化研究会in大橋キャンパス2017.12.8(金)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ