建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_9920
 写真は、スタンプショウはかた2016の関係者のみなさま
(主崔:公益財団法人日本郵趣協会九州・沖縄地方本部、日本郵趣協会福岡支部)

 日本郵趣協会の目的(HPより)「日本及び世界各国の郵便切手類の歴史及び郵便制度の研究(以下「郵趣」という)を通して、郵便切手文化の向上発展に資するとともに未来に継承していき、もって心豊かな潤いのある社会創造に寄与することを目的とします。

 事業:郵趣に関する普及啓発、展覧会、学術調査研究等を通して文化振興に寄与する事業。

 藤原研究室の調査やフィールドワークに数多く参加し、藤原先生の公開講座をいつも受講して下さる元気な鈴木秀文(すずきひでゆき)さんは、今は仕事を退職されていますが、元は竹中工務店の役員で建築士でもあります。今年2016年1月の九州産業技術史研究会では、自らの建築家としての仕事の業績と研究成果を発表して下さいました。藤原研究室学生はそんな鈴木さんを尊敬と親しみを込めて「藤原研究室顧問」と勝手に呼んでいて、フィールドワークに行っても鈴木さんは人気者です。その顧問・鈴木さんの趣味が切手。今まで鈴木さんの切手の世界に触れることはなかなかなかったのですが、スタンプショウはかた2016に鈴木さんが出展するということで伺わせていただきました。

 スタンプショウはかた2016 九州最大の趣味の切手展-入場無料
 日時:2016年10月15日(土)11:00~17:00、16日(日)10:00~15:00
 場所:TKPカンファレンスシティ博多

IMG_9775
 
         
IMG_9933
IMG_9932
 受付で案内と切手をいただきました。
IMG_9944

IMG_9945
IMG_9946

 会場は切手と関連したものを一枚のシートにしてそれを複数はったものをパネルのようにして展示したスペースと、切手の販売スペースに分かれていました。
IMG_9922
IMG_9898

 会場の一番奥で鈴木さんを発見!この切手は会員さんたちの寄付で無料で持って行っていいそうです。
IMG_9777
IMG_9778
IMG_9779
IMG_9784
 鈴木さんの展示は <切手にみる「日本の近代建築」>というタイトルで、↓このような大パネル2枚の中にシートがあり、それぞれに取り上げた建物の由来来歴、関わった建築家、などといった説明書きとともに建物や建築家の写真と、そしてさりげなく切手が飾られていました。-鈴木さんらしい建物と建築家と切手の組み合わせです。研究成果のようで驚きました。公開講座で長崎のグラバー邸に何度か訪れているからか、グラバー邸のシートと切手がありました。↓鈴木さんの展示パネル1枚目全体。
IMG_9782
 鈴木さんのパネルテーマの説明
 「開国とともに西洋館がやってきた。地球を東回りにアジアを経て長崎・神戸・横浜へ。西回りにアメリカを経て北海道へ。こうして日本の近代建築は始まり、明治政府の近代化政策とともに数多くの作品(建築物)が造られてゆく。藤森照信著『日本の近代建築(上)(下)』のストーリーに沿って発行された日本切手でたどってみました」
IMG_9783
 各シート。長崎から始まります。鈴木さんはご自身が建築士として長く竹中工務店で仕事をしてきたからか、シート1枚1枚の完成度が高く、これだけで見応えがありました。
IMG_9785
IMG_9788
IMG_9789
IMG_9790
IMG_9791
IMG_9792
私はこの6月にリニューアルした豊平館↓で行われたIUSAMという学会の懇親会に参加してきました。こんな切手が出ていたことはしりませんでした。
IMG_9793
 大浦天主堂は4種類もの切手がありました。おなじみの小山秀もいました。
IMG_9795
IMG_9796
IMG_9797
IMG_9798
IMG_9799
IMG_9800
IMG_9801
IMG_9802
IMG_9803
IMG_9805
IMG_9806
IMG_9807
IMG_9808
IMG_9809
IMG_9810
IMG_9811
IMG_9812
IMG_9813
IMG_9814
IMG_9815
IMG_9816
IMG_9817
IMG_9818
IMG_9819
IMG_9820
IMG_9821

 こちらは今回出展のみなさんのシートの逸品。人気投票をしていました。
IMG_9822
 他の方の展示もみてみることにしました。
IMG_9825
IMG_9826
IMG_9827
IMG_9828
IMG_9829
IMG_9830
IMG_9831
IMG_9832
IMG_9833
IMG_9834
 突如、各出展者のみなさんひとりひとりのシートの紹介が始まりました。
IMG_9835

IMG_9840
IMG_9841
IMG_9842
IMG_9843
IMG_9844
IMG_9845
IMG_9847
IMG_9848
 私が面白いと思ったのは、鳩によって運ばれた手紙というシートです。出店者の方によりますと、これはそもそも軍事用で、民間の新聞社の鳩とは異なるということです。手紙のみを日本橋白木屋から陸軍中野軍鳩通信班に鳩につけて飛ばします。一方、封筒のみを同じく白木屋から鳩通信班に別便で送ったそうです。そしてこの中野で手紙と封筒をあわせて中野郵便局に持ち込んでいたそうです。今の感覚ではよくわかりませんが、お話では「軍のデモンストレーションだった」ということです。私の「途中で大きな鳥に襲われて手紙が届かなかったことがあるのではないか」という質問には「そのようなことはなかった」ということでした。また、「鳩の飛んだ距離で長距離はないのでしょうか」という質問には「短距離を飛んだが、広島から飛んだという記録もある」ということでした。
IMG_9849
 手紙には 「鳩通信」のスタンプが押されています。
IMG_9850
 もう一つ印象に残ったのは、今年7月に亡くなった横綱・千代の富士の手形と相撲の切手です。千代の富士の奥様は福岡市西区の医師の娘さんで、千代の富士と福岡はつながりがあるということで、この手形は千代の富士が福岡に来た時に頂いたということでした。北海道が誇る偉大な、ウルフとよばれた横綱は、藤原先生より小さな手に見えました。
IMG_9900


 有名人の年賀状もあるということでこちらも見てみました。
IMG_9853
IMG_9854
IMG_9855
IMG_9856
IMG_9857
IMG_9858
IMG_9859
IMG_9860
IMG_9861
IMG_9862
IMG_9863
IMG_9864
 ↓は小学生の出展。
IMG_9865
IMG_9866
IMG_9867
IMG_9868

 販売ブースの様子です。
IMG_9869
IMG_9880

IMG_9870
IMG_9871
IMG_9872
IMG_9873
IMG_9874
IMG_9875
IMG_9876
IMG_9880
 どうやら切手はピンセットでつまむようです。
IMG_9888
IMG_9890
IMG_9891
  丸くおされている消印を満月消というそうです。↓
IMG_9893
IMG_9894
IMG_9896
IMG_9897
 再び展示へ。
IMG_9898


IMG_9901
IMG_9902
IMG_9903
IMG_9904

IMG_9906
IMG_9879
IMG_9947
 私もこの切手をいただいたのですが、切手には分類が必要だということがわかりました。切手を塊でもらっても塊のままです。建物なら建物、人物なら人物、アニメならアニメ、野菜なら野菜といった分類がないと、切手の図柄を味わってみることはできません。この手間をかけることができるかどうかが切手コレクターになれるかどうかだと思いました。
IMG_9920
 切手の展示を見たのは初めてですが、見応えのあるものでした。せっかくの皆さんの作品、この1回の展示で終わらせるのはもったいないように思えます。藤原研究室こもんの鈴木さんの展示は説明も多くあり建築がわからない人でも発見があるようにみえました。
 みなさんの展示作品を福岡市総合図書館でも展示してくれたら、切手のテーマと本が組み合わさって面白いものになるのではないかと思いました。

                      岩   井









Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ