建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
関東学院大学の李知映と申します。

本学では来る10月15日(土)に「アートプロジェクト人材育成講座」を開講いたします。

本講座は、「平成28年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業」「相模湾・三浦半島アートリンク(SAMAL)〜地域発アートプロジェクトを育て支える人材の育成と交流〜」事業の一環として、アートプロジェクトの担い手のみなさんや今後アートプロジェクトを始めてみたいと考えている方々を対象に開催するものです。
第一線で活躍されている講師による貴重な講義を聴講するとともに、質疑応答や意見交換、また参加者同士の交流を通して、みなさんが抱えている問題の解決の糸口を見つけていただく絶好のチャンスです。あなた自身が担い手として創りあげてゆくアートプロジェクトづくりへの第一歩とし て、SaMALレクチャーズの講座を活用してみませんか。

第4回目となる今回はフィールドワークとし、先月24日に開幕した「さいたまトリエンナーレ2016」のディレクター、芹沢高志氏によるレクチャーをはさみ、その前後で見学していただきます。みなさまの御参加をお待ちしております。

  テーマ:「さいたまトリエンナーレ2016『未来の発見!』」

世界に開かれた創造と交流の現場を創出することを目的にさいたま市が初めて取り組む国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」。そのテーマ「未来の発見!」に託す思い、想像力の羽ばたきに可能性をとらえる芹沢氏がトリエンナーレの制作にあたり重視したプロセスや観点、仕組みや運営などについてお話いた だきます。
   
  講師:芹沢 高志 氏(P3 art and environment 統括ディレクター、さいたまトリエンナーレ2016 ディレクター)
  
  日時:2016年10月15日(土)12:30〜14:00(12:15開場)
  会場:「貸会議室6F」 A&B会議室
     〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 銀座ビル6階
     TEL 048-729-5197
     JR線・東武野田線・埼玉新都市交通/伊奈線「大宮駅」下車 徒歩約1分[東口(北)出口を利用]

     アクセスマップ参照→ https://office6f.com/map/ 
     
受講費は無料、当日受付も歓迎いたしますが、参加を希望される方はなるべく開催日の前々日までに、氏名、所属、連絡先を添えartlinkあっとま〜くkanto-gakuin.ac.jp にお申込みください。

--------------------------------------
《次回(第5回)開催予告》
  日時:2016年11月18日(金)18:30〜20:30
      会場:関東学院大学KGU関内メディアセンター
  講師:藤浩志 氏(美術作家、秋田公立美術大学教授)
  テーマ:「わがまちのアートプロジェクトをデザインする」
      
いまや市民主導のコミュニティ・プロジェクトにまで発展している、おもちゃを交換するシステム「かえっこ」。美術作家としてのこれまでの活動が地域にもたらしたソフトパワーについて、藤さんからお話いただいた上で、それぞれの地域のニーズにかなった、より多様な人々の参加が得られる「わがまちのアートプロジェクト」の夢を膨らませましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
お問い合わせは、SAMAL事務局(関東学院大学人間共生学部 共生デザイン学科内)
        E-mail: artlinkあっとま〜くkanto-gakuin.ac.jp
        担当:山﨑、李

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ