建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_8878
   藤原研究室が支援をさせていただいた小代焼の展示会が2016年10月5日(水)〜10日(月)までアクロス福岡の1階で開催されました。2回訪問し、小代焼を見たり購入したりしている方を多く見ることができました。
 そもそも、小代焼とはどのようなものか?雑誌「陶説」昭和52年(1977年)11月号の村上正名「続陶郷日記(12)八代焼と小代焼ー熊本県の古陶磁ー」によりますと、
「小代焼は、熊本県下における八代焼と並んで歴史の古い朝鮮系の古窯です。ここもその起元については諸説あって、やはり肥後国ですから、加藤清正によって朝鮮役に南鮮から陶工を連れ帰えりここで製陶に従事させたという伝説と加藤にかわって熊本城に入った細川氏が前任の豊前国上野からともなった陶工によって開窯されたと伝えるものです。」
「八代焼が象嵌高麗の手のこんだものに対して、こちらは朝鮮唐津調といわれる鉄釉と班白釉の二重掛けのものや斑唐津風の茶わん、皿などが主流をなしています。そしてごくまれに象嵌をほどこしたものが後期に存在します。胎土は鉄分の多い荒い粘土で、赤黒く砂目が多く、ずしりと重い厚造りのものが多く、高台裏や底部は土見となっていて、底には深く強い渦巻文が彫り出されています。勇躍は鉄釉や木炭釉・失透釉などでとくに、長石を加え、失透釉にして流し掛けにした斑唐津風のものが特色をなしています。今私はこの稿を書いている机のそばに、熊本市内の古道具店で求めた参考品の小代焼の壺や皿、南関窯の湯のみを並べてペンを走らせています。黒っぽい鉄釉の肌に、青白いなまこ釉が流れる趣は素朴で、たくまない自由奔放さにひきつけられます。」
IMG_8885
IMG_8886

IMG_8840
IMG_8841
IMG_8842
IMG_8843
IMG_8844
IMG_8845
IMG_8846
IMG_8847
IMG_8848
IMG_8849
IMG_8850
IMG_8852
IMG_8853
IMG_8854
IMG_8855
IMG_8856
IMG_8857
IMG_8858
IMG_8859
IMG_8860
IMG_8861
IMG_8862
IMG_8864
IMG_8865
IMG_8866
IMG_8867
IMG_8868
IMG_8869
IMG_8870
IMG_8871
IMG_8872
IMG_8873
IMG_8874
IMG_8875
IMG_8876
IMG_8877
IMG_8878
IMG_8879
IMG_8880
IMG_8881
   私も購入してしまいました。
IMG_8882
 
  10月10日(月)最終日

IMG_9688
IMG_9689
IMG_9690
IMG_9691
IMG_9692
IMG_9693
IMG_9694
IMG_9696
IMG_9695
IMG_8846
IMG_8886
 小代焼きの魅力あふれる展示と販売でした。あれだけの魅力的な器を見せられるとほしくなります。今回はまず福岡の人に小代焼を知ってもらおうというものでしたが、その目的は充分果たせたのではないでしょうか。展示会場にいた窯元さんたちによりますと、売上もまずまずあったということです。今回、展示会場でよく見かけたのは、年齢層が上の方々、特に女性を多くみかけました。日常生活の中で実際に使う品として購入する方が多いのかと推測します。心豊かな日常生活の道具としての役割を小代焼に求めていらっしゃる方が多いのかと思われました。

                                       岩   井







Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ