建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_5900
  2016年度日本建築学会大会[九州]が2016.8.24-26 会場:福岡大学七隈キャンパスで開催されました。
 
 記念特別講演会 
     2016年8月23日(火)13:00~16:15「九州からオリンピックを俯瞰する」アクロス福岡イベントホール
   講演者:片木篤(名古屋大学教授)、Peter Bishop(ロンドン大学教授)、安井順一(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会参与)、大野秀敏(東大名誉教授・建築家)、工藤和美(東洋大学教授・建築家)

 創立130周年記念行事:大会シンポジウム  
  2016年8月24日(水)14:00~17:00「みんなの建築」福岡大学メディカルホール
   基調講演者:伊東豊雄(建築家)
   パネラー:伊東豊雄、山崎亮(コミュニティデザイナー)、木下斉(エリアイノベーションアライアンス)、岡崎正信(オガールプラザ代表)

 以上2つに行って来ました。
IMG_6096
 8月23日はアクロス福岡でオリンピックを考えます。↓IMG_5649
IMG_5651
 ロンドン大学のピータービショップ先生はロンドンオリンピックの文化プログラムを市職員として担当したそうです。文化プログラムの目的は貧困地区にあるロンドンの東側を再生する為だったそうです。曖昧な言い回しはなさいませんでした。ロンドン東地区はブラウンフィールドで、冷蔵庫や車が数多く、捨てられた状態でした。
 下の写真は車が地面にささっている写真です。
 IMG_5661
IMG_5662
IMG_5663
 オリンピックが終わったあとどのように町をひらくかが課題だったということです。
IMG_5669
IMG_5670
IMG_5677
IMG_5698
IMG_5700
  貧困や移民が多く暮らすロンドンの東地区、ここにオリンピックを持ち込むことで活性化を図ろうとしたということが第一の目的でした。オリンピック終了後のロンドンの街をいかに再生するかが中心のコンセプトだということがわかりました。マスタープラン作成の時は60~70の団体が自らのチャンスを広げる仕組みを考えたそうです。Change of Life という言葉が聞かれました。貧困がオリンピックによって転換できるかということが主題だったということを知り、日本とはオリンピックの捉え方が違うのだと思いました。またインフラがあっても投資者がいないとこまるので、グリーンエンタープライスゾーンを設けたそうです。
IMG_5703
IMG_5704
IMG_5705
IMG_5707
IMG_5709
IMG_5707
IMG_5709
IMG_5710
IMG_5711
IMG_5712
IMG_5714
IMG_5715
IMG_5716
 圧巻だったのは大野先生です。神宮の歴史的文脈に沿って考えることが必要で、ロンドンは600億円の費用で日本は3000億円かかるということで、たった2週間のために3000億円が使われるのはおかしいのではないか。今は縮小時代にあり、混むのは開会式と閉会式でそのための3000億円か。建築は20世紀型の評価方法ではダメだ。競技場の200mの面が年に与える影響を考える必要がある。オリンピックは積年の思いを果たすばである。
IMG_5720
IMG_5721
IMG_5722
IMG_5723
IMG_5724
IMG_5725
IMG_5729

IMG_5731
IMG_5737
IMG_5738
IMG_5739
IMG_5741
IMG_5774
 
2日目は福岡大学です。
IMG_5775
IMG_5777
 みんなの家:安藤忠雄氏↓
IMG_5784
 みんなの家:ザハハディド氏↓
IMG_5785
IMG_5787
IMG_5789
IMG_5791
IMG_5794
IMG_5795
IMG_5797
IMG_5804
IMG_5805

IMG_5810
IMG_5813
IMG_5815
IMG_5817
IMG_5819
IMG_5821
IMG_5823
IMG_5833
IMG_5835
IMG_5836
IMG_5839
IMG_5849
IMG_5851
IMG_5852
IMG_5856
IMG_5860
IMG_5861
IMG_5863
IMG_5876
IMG_5877
IMG_5879
IMG_5880
IMG_5881
IMG_5884
IMG_5887
IMG_5889
IMG_5892
IMG_5896
 岩手県紫波町のオガールプロジェクトはPPP(公民連携)の取り組みで、この中心人物が以前は都市再生機構にいた岡崎正信さんです。当時の町長とともに自分たちで駅の西側に10年以上放置された土地10.7haを使い、再開発、現在では補助金に頼らない運営をしています。オガールプロジェクトの中核となる施設「オガールプラザ」は、紫波町の情報交流館(図書館+地域交流センター)、子育て支援センター、民営の産直販売所、カフェ、居酒屋、医院、学習塾などで構成される官民複合施設で、図書館以外のところからのテナントなどでうんえいしています。
 資金のバックボーンに触れない議論では説得力がありません。以前は、どうせ補助金を使うのだろうくらいしか思えませんでした。しかし、この岡崎氏はリスクは負うが補助金に頼らない仕組みを作っています。もう少しこの岡崎氏の方法を学びたいと思いました。

                                       岩井















Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ