建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
 DSC_0023

直方谷尾美術館と石炭記念館では、初の二館同時企画として、直方谷尾美術館の
学芸員 中込潤氏の企画により「石炭の時代展」が開催されました。
石炭産業の隆盛と衰退は、土地の長い歴史の中では一時代の出来事ではありますが
近代の形成や今生きる私たちが地域を考える上では大切な歴史でありテーマです。
特に筑豊は、最盛期には265の炭鉱があり、筑豊という名称そのものも、筑前国と
豊前国に居た遠賀川で石炭を運ぶ船頭たちによってつくられた同業組合の名称に
由来するものでした。
今回の展覧会では、炭鉱を筑豊を中心とした絵画や写真から見るものでした。
石炭記念館では、八尋館長によるガイドツアーが行われました。ご自身も国鉄の
職員として汽車を運転していた経験をお持ちで、分かりやすく楽しいガイドを
なさっていました。
DSC_0012


DSC_0017
1912年に作られた救護訓練坑道。1966年には、木造からコンクリート造に変わり
117mの訓練坑道の中には発煙装置など苛酷な現場を想定された作りとなっています。


DSC_0037
学芸員の中込潤氏とスタッフさん

谷尾美術館では、炭鉱夫として働く傍ら創作活動を行っていた千田梅二や
膨大な量の「炭坑記録画」を残した山本作兵衛はじめ、油絵、版画、炭鉱絵馬、
地図、鳥瞰図、ポスターなど様々な資料や作品が筑豊を中心に集められました。
2009年は目黒区美術館にて学芸員 正木基氏による「‘文化’資源としての<炭鉱>展」
が開催されました。中込さんは2013年丸木美術館での「坑夫・山本作兵衛の生きた
時代展」から正木さんと交流を持ち、書籍での執筆も手がけられています。
今回の展示は、その中では取り上げられなかったものも沢山見ることができました。
私は「受け継がれる炭鉱の記憶」という章で2点展示していただきました。
2010年に解体した田川市の松原炭坑住宅の部材をキャンパスとして
石炭・石炭灰で炭鉱関係者を描いたポートレートです。
DSC_0029

DSC_0023


DSC_0025


DSC_0033






イメージ 2

イメージ
 
DSC_0017

イメージ 3

福岡アジア美術館では、第24回アジア美術家連盟日本委員会展に参加しました。
2点の作品は、石炭・石炭灰・赤ズリ(採炭の廃棄物であるズリが30年程で
経年変化した赤褐色の石)を顔料に使い、田川で産出される石灰石を使った漆喰で
かつて産炭地で賑わいを見せた街の商店のアイコン等を集約し、レリーフ状に
配したものです。アジア美術家連盟は1972年の日韓交流美術展から始まり、
現在もアジア各国の美術館や、福岡アジア美術館で毎年展覧会が開催されます。
展示を通して、企画展の構想や設営といったプロセスを垣間見たり、関わったり
することが出来、とても興味深い機会となりました。


國 盛
 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 九州大学大学院芸術工学部修士課程進学説明会は6月25日(月)18:30〜20:10開催です!
  • 「福岡天草郷友会」天草市本渡にて、親睦会「天草を語ろう会」を開催!
  • 「福岡天草郷友会」天草市本渡にて、親睦会「天草を語ろう会」を開催!
  • 「福岡天草郷友会」天草市本渡にて、親睦会「天草を語ろう会」を開催!
  • 「福岡天草郷友会」天草市本渡にて、親睦会「天草を語ろう会」を開催!
  • 「福岡天草郷友会」天草市本渡にて、親睦会「天草を語ろう会」を開催!
  • 「福岡天草郷友会」天草市本渡にて、親睦会「天草を語ろう会」を開催!
  • 「福岡天草郷友会」天草市本渡にて、親睦会「天草を語ろう会」を開催!
  • 2018年6月26日(火)19:00〜22:00ふ印ラボの満月交流宴【月宮殿祭】(2018年度第4回)開催!
  • 2018年6月26日(火)19:00〜22:00ふ印ラボの満月交流宴【月宮殿祭】(2018年度第4回)開催!
  • 2018年6月26日(火)19:00〜22:00ふ印ラボの満月交流宴【月宮殿祭】(2018年度第4回)開催!
  • 2018年6月26日(火)19:00〜22:00ふ印ラボの満月交流宴【月宮殿祭】(2018年度第4回)開催!
  • 2018年6月26日(火)19:00〜22:00ふ印ラボの満月交流宴【月宮殿祭】(2018年度第4回)開催!
  • 7月14日(土)に行われます、文化資源学会シンポジウム 「スマホで覗く美術館ー鑑賞体験のゆくえー」
  • 7月14日(土)に行われます、文化資源学会シンポジウム 「スマホで覗く美術館ー鑑賞体験のゆくえー」
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ