建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

芸術情報設計概論 レジュメ・レポート課題 20160527

日本近代建築史学と芸術情報設計学

 藤原惠洋 

交錯と共振 10のQ and A

 

緩やかな関係づくりワークショップ

 

STEP1 お互いの似顔絵

 

STEP2 取材ゲーム

 

STEP3 まちの目印

 

STEP4 まちのとくいわざ

 

STEP5 まちの苦手ごと

 

P1140153

P1140142

P1140143

P1140144

P1140145

P1140146

P1140147

P1140148

P1140149

P1140150

P1140151

P1140152

P1140153

P1140154

P1140155



 

レポート課題

今日の講義を受けているこの教室、そして君が日々過ごしている伊都キャンパスの中で、君が発見した不思議なもの、をひとつだけ藤原に紹介してください。

それはどこにありますか?

地図や空間の様子も簡単に示すといいかも。

そのスケッチを簡単に示しながら、それはなぜ君にとって不思議なのですか?

その不思議な部分はいったいどこなのか?

それはいったい何なのか?

わかりやすく君の不思議さの根源を記述してください。

そんな視点です!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 続・桧原シュタイナー土曜学校新6年生による「家づくり」
  • 続・桧原シュタイナー土曜学校新6年生による「家づくり」
  • 続・桧原シュタイナー土曜学校新6年生による「家づくり」
  • 続・桧原シュタイナー土曜学校新6年生による「家づくり」
  • 続・桧原シュタイナー土曜学校新6年生による「家づくり」
  • 2017年度第2回ふ印ラボ学生定例ゼミを開催しました。2017.2.21(金)
  • 2017年度第2回ふ印ラボ学生定例ゼミを開催しました。2017.2.21(金)
  • 2017年度第2回ふ印ラボ学生定例ゼミを開催しました。2017.2.21(金)
  • 2017年度第2回ふ印ラボ学生定例ゼミを開催しました。2017.2.21(金)
  • 2017年度第2回ふ印ラボ学生定例ゼミを開催しました。2017.2.21(金)
  • 2017年度第2回ふ印ラボ学生定例ゼミを開催しました。2017.2.21(金)
  • 2017年度第2回ふ印ラボ学生定例ゼミを開催しました。2017.2.21(金)
  • 2017年度第2回ふ印ラボ学生定例ゼミを開催しました。2017.2.21(金)
  • 2017年度第2回ふ印ラボ学生定例ゼミを開催しました。2017.2.21(金)
  • ベルリン西郊の中世空間を残すシュパンダウ(Spandau)にて騎士祭り!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ