建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_2968
 これは何ですか!?ここはどこですか?(オカリナ演奏中)
IMG_2909
 2016年4月1日(金)10:00 基山町立図書館がオープンしました!
 基山町立図書館はパークアンドライブラリーで公園の中にあります。
 私は2月に開催された内覧会と、その後、調査の為に1回行っていますので、
 この日が3回目の基山町立図書館訪問です。

 図書館面積:1,185㎡
 公園面積:11,140㎡
 太陽光発電設備を設置
 開館日:火曜日~日曜日 開館時間9:00~18:00
 建設費:4億7,520万円
 蔵書数:約9万冊(開架6万冊)
 貸出期限は2週間
 本と雑誌をあわせて10冊まで借りられる。
 CD・DVDは一人2点まで

 ・図書館内に博物館のような展示スペースがあります。
 ・図書館内にラウンジのような雑誌コーナーがあります。
 ・wifi使えます!
 ・館内から公園を見ることができます。外に見えるのは読書の丘。子どもの遊具がある場所はこの丘の向こうなので、外の声は図書館内にはそれほど入って来ないと思います。

 佐賀新聞によるとオープニングセレモニーには約300人が来たようです。

 松田一也町長は「図書館には過去と現在、現在と未来、地域と人をつなぐ役割があります。一緒によくして行きましょう。」と話されました。そして、建設に尽力した小森純一前町長や建設にかかわった方々に表彰状が贈られました。

 基山町立図書館の4つの基本方針
 ・町民の文化的生活環境の向上のための情報提供
 ・郷土の歴史に関する情報の提供

 ・町民の生涯学習の場の提供
 ・町民の交流の場

 JR基山駅から歩いて10分程のところ、小学校の目のまえに公園と図書館があります。
IMG_2784
IMG_2786
 公園の中に入ると、もうたくさんの人々がいました。
IMG_2787
IMG_2794
 くす玉とブラスバンドがいました!
IMG_2800
IMG_2811
  町長のご挨拶です。
IMG_2820
 教育長の挨拶。

IMG_2824
 図書館建設の功労者である前町長に表彰状が贈られました。
IMG_2828
IMG_2840
IMG_2841

 開館セレモニーの後、中学校ブラスバンドによる演奏の後、図書館に入りました。
IMG_2855
IMG_2852
IMG_2854
IMG_2856
IMG_2857
IMG_2861
IMG_2864
 図書館内でwifiできるのは重要なことです!
IMG_2865
IMG_2866
IMG_2867
IMG_2871
IMG_2872
IMG_2877
 新しいカウンターには新しい利用者がいっぱいです。
IMG_2880
IMG_2881
 この置き方いいかも!海外旅行したいという気持ちを喚起させる置き方に見えます。利用者が外の世界とつながるキッカケを提供するのも図書館の役割と思います。インナートリップばかりではいけません。
IMG_2891
IMG_2893
IMG_2894
IMG_2897
IMG_2900
IMG_2902
IMG_2903
IMG_2904
IMG_2905
IMG_2906
IMG_2908
 本を持ちすぎの子。でもいいの。
IMG_2909
IMG_2910
IMG_2911
IMG_2912
IMG_2913
IMG_2914
IMG_2916
IMG_2917
IMG_2918
IMG_2919
IMG_2920
IMG_2921
IMG_2922
IMG_2923

 この日は、館内でも地元のオカリナ演奏の会によるオカリナ演奏がありました。
IMG_2936
IMG_2942
IMG_2943
IMG_2946
IMG_2960
IMG_2968
 図書館の入り口のところでは、図書館バッグワークショップがかいさいされていました。
 私もバッグにスタンプしました。
IMG_2976
IMG_2978
IMG_2979
IMG_2980
 ↓ 本格的な歴史展示ができますし、すぐ近くには郷土資料の棚があります。
IMG_2989
IMG_2990
 これは↓手芸です。このような手芸サークルがあり寄附してくださるそうです。
IMG_2995
 基山町立図書館の工事過程が写真で展示されてます。プロセスの公開は非常にイイと思います。
 工事現場に普通の人は入ることができませんから。
IMG_3007
IMG_3008
 閲覧室外のラウンジ。ここで飲食できます。
IMG_3017
IMG_3019
 右の緑の方が読書の丘。
IMG_3027
IMG_3030
IMG_3031
IMG_3038
IMG_3039
  きれいな図書館でした。

  昭和57年に以前の図書館はできています。
  平成15年に建替え検討委員会が立ち上がりましたがこの時は図書館より小学校の建替えが優先されました。この時は、図書館は現在のこの場所ではなく、旧図書館のある場所でもなく、役所近くにつくられようとしていたようです。検討委員会は、図書館を建てる場所についてどこが望ましいかを再検討したとのことです。

 以下は「基山町立図書館の検討委員会報告書H25年3月26日」より

「建物が有する課題」
○河川改修に伴う改築移転(第4 章4.5 参照)
・建物南側を流れる実松川の河川改修が佐賀県によって計画
されており、現在の建物の1/3 が河川改修区域に入っている。
○建物老朽化(30 年が経過)からくる諸課題
・施設維持電力(照明・空調等の電気量)消費量の増加
・建物躯体の亀裂、雨漏り、カビの増殖
○生涯学習機能ならびに来館者が憩える空間が不足している。

「 図書館が有する課題」
○書棚の間隔が狭く、読書空間が不足している。
○書籍を整理する作業空間が不足している。
○貴重な図書を収蔵する書庫面積が少なく、年間1.5~2.0 千冊
程度除籍している。
○図書館事業(子どもたちへの読み聞かせ等)を展開する空間が不足している。

 そして、この報告書では第2章で「書物(書き物)は、人生の役に立つのか」という章をたてています。
 これに対する回答として以下を掲載しています。

 「ここで気をつけていただきたいことは、電波情報も記録(ビデオ化・DVD 化など)されると、多くの人々が時空を超えて見ることができるものへと変化し、書物ならぬ記録物へと変化します。記録されない電波情報は、そのままでは時空を超えて伝えることができないばかりか、繰り返し見ることができない、流される情報に対していったん立ち止まって考えを巡らすことができない情報といえます。
 書物は、多くの人々が時間と空間を超えて触れることができる、自分以外の人々の「考え」「思い」「知識」だといえます。自分以外の人々の「考え」「思い」「知識」を知ることが、人生にとって何の役に立つのでしょうか。それは真っ暗な中で自分の姿を見ることができないように、自分の「考え」「思い」「知識」が正しいのか間違っているのかを判断する材料を見つけることができない状態と同じです。「他人を知って、己を知る」ことができる術ともいえます。書物には、書いた人が置かれた社会を背景として「考え」「思い」「知識」が書(描)かれています。それは、自分以外の誰かが書(描)いたものであり、それらを読む・見ることで自らを見つめ直すきっかけにつながっていきます。これは何も日本に生きる同時代の他の人々の「考え」「思い」「知識」を得ることだけではありません。歴史的な記録物からは、過去の人々の「考え」「思い」「知識」を、世界に目を向けると異国の人々の「考え」「思い」「知識」を得ることができる、まさに書物は時空を超えた人々から様々な考え方、思い、そして知識を得る術(方法)だといえます。」

 私は検討委員会や報告書は法律から入ると思っていましたが、こんな、人の思いというか、根源的なところから入っていく・考えるものだということを初めて知りました。
 このように思いの確認をした町立図書館(単館)なら、公共施設のマネジメントにゆらぐことなく、住民のみなさんは地域の図書館からの文化を享受できるのではないかと思いました。
 
  自治体でここまで考えるのですね。初めて知りました。
     
 基山町立図書館検討委員会報告書が公開されています。この検討委員会の委員に
 親しくさせていただいてます小郡市立図書館の永利館長のお名前もありました。
 
基山町立図書館検討委員会報告書

                                       岩 井                       




Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ