建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_3851
 (貞刈副市長に成果と提言の冊子を渡した市民研究員と福岡アジア研究所のみなさま。
                         上の写真提供:福岡アジア研究所の馬場さん)

 私、岩井は昨年7月からこの3月終わりまでの9か月間、福岡アジア都市研究所の市民研究員をしてきました。
研究室とは全く別の活動です。月2回の定例会に出席し他の市民研究員のみなさんとテーマについて討議したり、みなさんと大牟田市に研修に出かけたり、独自で調査をしたりしてきました。そして、3月12日にアクロス福岡の会議室で市民の皆さんの前で成果発表と福岡市への提言をし、その後、成果フルペーパーを書いて提出しました。

 そして、とうとう、成果論文を冊子にしたものを、副市長にお渡しする日が来ました!
 福岡市には3人の副市長がいますが、市民研究員がお会いしたのは貞刈副市長です。
IMG_2743
IMG_2745
 セキュリティを通って副市長との対面の場へ。
IMG_2748
IMG_2749
   真ん中が貞刈副市長。↓。
IMG_2750
IMG_3847
 市民研究員を代表して河野さんが提言論文集を副市長にお渡ししました。↓
IMG_2751
IMG_3845
IMG_3851
 貞刈副市長は この日来ていた市民研究員4名(欠席2名)一人ひとりの研究内容に耳を傾け、事前に論文集を読み、会話ができるように準備して下さっていました。
 私の研究テーマは、市民の知を支える図書館のあり方についてで、その中で、市民の読書活動や専門知識を支える地域文庫や私設図書館の存在を取り上げたのですが、私とお話下さった時、副市長は自らのお父様が地域文庫をしていたこと、そして、地域文庫が地域コミュニティを支える役割をしていることをお話下さいました。なんだか親近感を持つことができました。、私たち市民研究員の提言は、関係部署に見てもらえるそうです。副市長はお忙しいとのことで30分弱の対面でしたが、お会いできてよかったです。

 その後、すぐ近くの福岡アジア都市研究所に戻り、修了証書の授与式。

IMG_2761

IMG_2763
IMG_2764
IMG_2765
IMG_2766
IMG_2767
IMG_2768
 長いようで短かった9か月。研究室以外の環境で様々な方と接し、話しをすることができました。そこが重要かと思います。私の書いた提言がどの程度、政策に反映されるかわかりませんが、福岡の状況を改めて客観的に見ることができたと同時に、福岡市で地域文庫をして頑張っている普通の市民の方の存在を知ることができました。福岡に来て丸4年ですが、日頃は市外の方々と接することが多く、なかなか市内のみなさんと知り合いになれずにいたので、市民研究員として福岡市民の方々とお話できてとてもうれしいし、福岡の何が強みで何が弱点なのかもわかりました。都市の研究をしたということになればよいと思います。
 福岡アジア研究所の岡田先生、馬場さん お世話になりました。
 市民研究員のみなさん ありがとうございました。またいづれどこかで。
                                              岩井千華
 
 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ