建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_9252
            プロジェクト3の成果発表が行われました。

       九州大学「環境・遺産デザインプロジェクト」成果発表会
        宗像で考え宗像に提案する~日の里から世界遺産まで~

          日時: 2016年2月14日(日)14:00-17:00
          会場:日の里コミュニティセンター・多目的ホール

 基調講演ー藤原恵洋教授
 「創造力と創造力を活かした宗像よみがえりへのエール~九州大学「環境・遺産デザインプロジェクト」が目指す持続可能な地域再生へ向けて」

 学生発表

日の里空き家グループ「空き家問題解決!5丁目再生を核とした日の里版CCRCの提案」
  
日の里暮らしグループ「幸福度と住民意思の調査から見えてきた日の里暮らしの現在と未来」

日の里駅前活性化グループ「よゆう<夜遊・余裕>がある東郷駅前商店街再生デザイン」
  
世界遺産グループ「世界遺産に向けた地域づくりの可能性~神湊から大島まで~」

 パネルディスカッション
  みんなで考えよう宗像の未来~日の里から世界遺産まで

  パネリスト 牧敦司 醇建築まちづくり研究所代表取締役
          西村正則 UR都市機構九州支社団地マネージャー
          今川泰志 日の里地区コミュニティ運営協議会会長
          河野克也 宗像市役所 都市戦略室長
          藤原恵洋 九大大学院教授
                       近藤加代子 九大大学院教授
        進行 藤田直子 九大大学院准教授

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
   2015年の5月に宗像市を訪れ、駅前や団地、世界遺産をみたり、住民の方からお話を聞いたりしたのを皮切りに、その後は、各班や個人での調査を重ねてきました。
     そんな中でわかったこと、考えたことを元に発表・提案が行われました。
IMG_9294
IMG_9295
    

IMG_9197
IMG_9199
IMG_9201
IMG_9203
IMG_9205
IMG_9207
IMG_9212
IMG_9215
IMG_9217
IMG_9218
IMG_9220
IMG_9222
IMG_9223
IMG_9225
IMG_9226
IMG_9228
IMG_9230
  宗像市長からのご挨拶です。
IMG_9234
    藤原先生の基調講演
IMG_9241
IMG_9243
IMG_9244
IMG_9245
 空き家グループ
IMG_9249
IMG_9253
IMG_9254

IMG_9256
  日の里暮らしグループ
IMG_9257
IMG_9258
IMG_9259
  日の里駅前活性化グループ
IMG_9260
IMG_9261
IMG_9262
IMG_9263
  私は世界遺産グループとして発表していたので写真はありません。
IMG_9264
IMG_9265

 学生発表終了。
IMG_9266
  休憩中はポスターを見る方も大勢いました。
IMG_9267
  パネルディスカッション
IMG_9268
IMG_9269
IMG_9270
IMG_9271
IMG_9272
IMG_9273
IMG_9275
IMG_9280

 
IMG_9289
IMG_9290

IMG_9292
 
 2015年5月から始まった演習が2016年2月14日に完結しました。
 期間が長く、学生のみなさんは、自らの調査の調整と活動が大変だったのではないかと思います。
 私は6回ほど宗像市の神湊および大島に行き、調査をしました。
 調査にご協力くださったみなさん どうもありがとうございました。
 まずは地元の方の本当の声を聞くことが大切です。
 また、ワークショップを主催された市の職員のみなさん 参加者のみなさん 運営をなさったみなさん
 参加させていただきありがとうございました。

  一つの地域に入り調査をする大変さを知ると同時に、地域住民のみなさんの姿・考えに触れることができ
 とても勉強になりました。

  宗像市がよりよい地域になるようにと思っています。


                                       岩   井

  



Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ