建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_8678
  人が吉しのみなさま。これは、市民向けワークショップの様子です。

 2月11日(木)~13日(土)に人吉市に行きました。藤原先生が人吉市役所で職員研修及び市民向けワークショップをするので、同行しました。
 九州のこの地域は何を魅せてくれるのだろうと期待が膨らみました。

 人吉市役所職員研修および市民ワークショップ
   IMG_8539
IMG_8541
IMG_8545
IMG_8546
IMG_8547
 人吉市役所職員研修が始まりました。↓。まずは大渕建設部長から、職員の方で15年勤務をされた方の表彰がされたとご報告と紹介がありました。
IMG_8549
  職員研修式次第。
 1.ワークショップ
 2.講演「持続可能な景観づくりの知恵と創造」~枯れ木に花を咲かせた花咲か爺さんの謎を解く~
IMG_8551
IMG_8552
IMG_8554
IMG_8555
IMG_8556
IMG_8558
IMG_8559
IMG_8560
 藤原先生の自己紹介を兼ねたこれまでの先生の取り組みの一部の紹介。
IMG_8561
IMG_8565
 ここで旗揚げアンケートです。
 ①人吉生まれの人吉育ちですか?
 ②年齢は私(藤原)と比べて先輩、後輩?
 ③犬と猫、どちらが好き?
 ④海と山、どちらが好き?
 ⑤メールと電話、どちらが得意?
 ⑥夕陽を観て感動しますか?
 ⑦昨晩の月を観ましたか?
 ⑧週末の過ごし方、アウトドア派、ごろ寝派、どちら?
 ⑨絵を描く際、犬と鬼、どちらが難しい?
 ⑩人吉の良さを伝えるのは得意だ、不得意だ。
IMG_8599
IMG_8600
IMG_8601
IMG_8602
IMG_8607
IMG_8606
IMG_8605
IMG_8604
IMG_8603
IMG_8566
 このような「おもてなし」もありました。
IMG_8567
 そして、「持続可能な景観づくりの知恵と創造~枯れ木に花を咲かせた花咲か爺さんの謎を解く~
 まずは、参加者でお話の確認。犬の名は、シロまたはポチでした。

 花さか爺さんになぞらえた景観解釈が披露されました。

  講演全体のポイントは以下です。

 ・足元にある文化資源に気づくこと。日常の中に宝がある。
 ・他の地域のマネでは形骸化を招く。
 ・そしてそれを大事にみがきをかけ、再評価し、見える化すること。
 ・誰が景観を守るのか。
 ・人の営みを守ることで景観が守られる。→人が日々の暮し・生活の中で景観を守っている。
 ・土地が生み出した文化の基盤が景観である。
 ・文化から生活の豊かさを享受している市民が守る景観。
 ・文脈の再生、矜持、紐帯。
IMG_8568
IMG_8570
IMG_8572
IMG_8574
IMG_8576
IMG_8577
IMG_8578
IMG_8579
IMG_8580
IMG_8581
IMG_8582
IMG_8583
IMG_8584
IMG_8585
IMG_8586
 職員研修終了。
 松岡市長とご一緒させていただきました。
IMG_8587
 松岡隼人市長とお昼をご一緒させていただきました。
IMG_8591
 そしてすぐ午後の市民向けワークショップの準備です。

IMG_8598
IMG_8614

 ここで、高木富士川計画事務所の宮野桂輔さんも手伝って下さいました。
IMG_8616

IMG_8621
 絵が上手な宮野さん。↓は宮野画伯のイラスト。
IMG_8632
 市民向けワークショップでは班を決めます。今回はこんな感じでした。
IMG_8623
IMG_8624

 午後の部のスケジュールです。
IMG_8628
IMG_8629

IMG_8630
 松岡市長もお忙しいスケジュールのあいだをぬって駆けつけて下さいました。残念ながら最後までの参加は無理でしたが、少しでも一緒に考えていただいてうれしいです!
IMG_8631
IMG_8638
 午後のスケジュール。
 step1の景観資源のシーズ(種)探し:ポストイットワーク
  1.目印 2.得意技 3.苦手ごと
20160212-ランドマーク
 1.目印
 ・青井阿蘇神社 ・鍛冶屋町通り ・球磨川下り ・ラフティング ・鍛冶体験 ・人吉城跡 ・中川原公園
 ・きじ馬 花手箱 ・高木惣吉 ・鹿目(かなめ)の滝、繊月城の周り、人吉駅前のからくり時計、霧、願成寺、
 温泉、焼酎、ウナギ
20160212-とくい技
2.得意技
 ・のんびりゆたーっと話す、球磨拳、朝霧、水田、尺鮎、ループ橋、肥薩線、SL,鉄道遺産、盆地と相良700年がつくる独自性、ポルトガル文化が残っている、ウンスンカルタ、温泉、相良氏、あいさつ、誰とでもよく語る
20160212-にがてごと
3.苦手ごと
 閉鎖的、連携やPRが下手、内向的、空き家増えてる、若者の雇用が少ない、若者向けコンテンツが少ない、バスの乗り継ぎ、案内看板が少ない、農家の減少、猪がでる、球磨川での魚とり

などなど、現時点では苦手ごとや困ったこと、よくないことへの意識が高いようです。

IMG_8642
IMG_8653
IMG_8643
IMG_8645
IMG_8646
IMG_8647
 
IMG_8649
IMG_8650
IMG_8651
IMG_8652
IMG_8653
 次にグループワークです。
 各班に分かれて、テーマはこれ!イラスト1と3は高倉さん 2と4は宮野さん。
20160212 Q1
20160212 Q2
20160212 Q3
20160212 Q4
20160212 Q5
IMG_8660
IMG_8686
IMG_8646
IMG_8650
IMG_8651
IMG_8657
IMG_8662
IMG_8674
IMG_8675
IMG_8677
IMG_8681
IMG_8683
そしていよいよ発表へ。
 1班 リタイヤ 移住
IMG_8684
 2班 社会的包摂
IMG_8688
IMG_8689
IMG_8690
3.国際化、日本遺産、インタープリテーション
IMG_8692
IMG_8693
IMG_8694
4.クラス対応
IMG_8696
IMG_8698
IMG_8699
5.文脈と矜持の再生
IMG_8700
IMG_8701
IMG_8702
IMG_8703

IMG_8706
IMG_8707
IMG_8710
20160212-01
20160212-02
20160212-03
20160212-04
20160212-05
20160212-06

 1班
IMG_8714
IMG_8716

 2班
IMG_8718
IMG_8719

 3班
IMG_8721
IMG_8722
IMG_8723
IMG_8724
 4班
IMG_8726
IMG_8727
 5班
IMG_8732
IMG_8733
IMG_8734

IMG_8740
IMG_8764
IMG_8765

 どちらとも焼酎を飲む器。左が鹿児島から来たタイプで、右が人吉タイプ。
 右の器をチョクとガラというそうです。飲み方もちょっとした儀式というか形式が一つあるとのこと。
 また、球磨拳というじゃんけんのようなものがあるそうです。元小学校教諭の林先生から教えていただきました。旧北海道民の私には知らないことばかりだったので、とても楽しかったです。
IMG_8780
 なぜかホワイトボードがありました。ここでも宮野さん大活躍!!
 参加者のみなさんが何をはなしているかを聞き、書きとってます。すごい根性の書記です。
 後から聞くと、市役所から持ってきたとのこと。小さくまとまらないことが重要です。
 ーダイナミックなやり方に乾杯!
IMG_8786
IMG_8789
IMG_8798
IMG_8790
IMG_8793
こうして夜は更けてゆきました。
 そして次の日、青井阿蘇神社から湯前まで茅葺き阿弥陀堂などを見ながら、高木富士川設計事務所の高木先生のご自宅へ行きました。
IMG_8818
 蓮の花があるように見えました。
IMG_8816
IMG_8820
IMG_8827
IMG_8828
IMG_8832
IMG_8834
 

IMG_8836
IMG_8844
IMG_8845
IMG_8846
IMG_8853
IMG_8856

IMG_8867
IMG_8868
IMG_8869
IMG_8872
IMG_8876
IMG_8879

IMG_8915
IMG_8899
IMG_8901
IMG_8917



IMG_8937
IMG_8941
 石垣の曲線が美しいです。
IMG_8943
IMG_8951
IMG_8954
 土俵もあります。
IMG_8956
 この後移動して、まず多良木の青連寺阿弥陀堂へ行きました。
IMG_8962

IMG_8973
IMG_8974
IMG_8975
IMG_8984
IMG_8986
IMG_8988
 今度は水上村の生善院観音堂へいきました。
IMG_8995

IMG_8996
IMG_9003
 その後、ダムを抜け、
IMG_9012

IMG_9014
IMG_9015
IMG_9025
IMG_9027
IMG_9028
IMG_9031
 そして、高木邸に行きました。1F。
IMG_9036
 高木富士川事務所の本社である2F。この建物自体が売りだされた時すぐに買うことにしたということです。
 よい物件は簡単に手に入るものではないということです。
IMG_9053
IMG_9057
 もう一か所 これから資料の保存場所として使われる予定の場所も案内していただきました。よくここに建てたなあと思える場所です。


 最後や城泉寺へ。ここも茅葺きの阿弥陀堂です。
IMG_9125

IMG_9120
IMG_9122
IMG_9126
IMG_9139
IMG_9143
 その後、湯前から電車に乗り、人吉へ戻りました。
IMG_9150
IMG_9151
IMG_9152
IMG_9154
IMG_9155
 電車はコンパクトにできていました。この時の電車は特別企画がされており、後ろの車両はデザート電車。2000円で車窓を楽しみながらデザートをいただく企画がされておりました。1時間くらいの旅ですのでちょうどいいです。
IMG_9165
IMG_9170
IMG_9178
IMG_9177
IMG_9175
人吉と球磨(くま)の旅は、非常におもしろいものでした。まず、人吉には潜在的な何かがあると思わせるものでしたし、出会った人々が親切で濃い方が多かったです。ちょっとしたタイムスリップした気分になりました。よそ者の私からは、派手な商業施設は無い方がいいように見えますが地元の方は人吉での日常の暮らしをどのように思っているのでしょうか。
 今回のワークショップでは、高校生や大学生など若い人に出会えなかったので、次回は若い方の進学や就職、日常生活について聞きたいと思いました。
 
 また、茅葺きの民家なら見たことがあるのですが、茅葺きの宗教施設は初めてみました。質素、シンプルなヴァナキュラーは日本に合っているように思えます。私にはこれらの建物は珍しく見え好ましいものでした。
 
 地元の方も地域の文化資源については意識されていると思います。一緒にこの文化資源を磨いていけたらいいなとおもいました。

                                            岩 井
 
















Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ