建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_6893
 2016年1月20日(水)は、以前から楽しみにしていた幸若舞を見てきました!!!

             日時:2016年1月20日(水)11:30~
             場所:みやま市瀬高町大江 大江天満神社
                 幸若舞保存会
             交通手段:JR鹿児島本線瀬高駅下車 徒歩30分弱
             曲目と上演者
                      浜  出 小学4年と5年
                      日本記  小学6年
                      安宅(下) 青年
                      敦  盛  青年
                      髙  館  成人
                      夜討曽我(上)成人
                    
 藤原先生の公開講座で小池新二先生が取り上げられ、その中で、小池先生と元トヨタ自動車のデザイナー・諸星和夫さんが、東京からわざわざ、この幸若舞を見る目的で、福岡県のみやま市まで来たというお話を聞き、私も是非見てみたいと思うようになりました。幸若舞自体は700年の伝統があり、歌舞伎や日本の芸能の源流とのことです。
 この日説明された話によれば、
  ・桃井直信が1396年に文章に節をつけて舞ったのが最初。
  ・豊臣秀吉はこの幸若舞が好きで、大茶会の時もこれが披露された。
  ・本日これを演じている小学生は夏休みから始めて、11月から鼓方についてならうとのこと。
  ・演じ手は大江在住の男子と決まっている。
  ・中高生は幸若舞をしない→変声期にあたり苦しくなるため。
  ・幸若舞の担い手が少なくなっている。
  ・ここ出身でこの地域に戻って来るのは50人に1人となっている。
  ・本日も29代家元が見ているが、常に正しく、変化のないようにしている。
  ・家元は子供には後を継がせず、一番できる人につがせている。親子相伝だと絶えると言われている。
  ・舞台の下には6つの壺が埋められており、足の踏み鳴らしに応じて響く音が出るようになっている。
  ・舞と言っても動きはたすき掛けと前後の動き。
  ・物語を語って聞かせるのが主。
  ・目をつぶってもきける。
  ・国家という概念が無かった時代、自力救済がこの当時の思想なので仇討は正統となる。逆に強盗は復讐     ができないので罪が深い。
  ・常に死と隣り合わせ。
  ・宗教観(死・無常観)
 

 以下は幸若舞保存会が発行した『国指定重要無形民俗文化財 幸若舞(大頭流)』より抜粋。
 「室町初期の頃武士道鼓吹の舞曲として始まり、足利時代より信長、秀吉をはじめ、徳川幕府の初期まで幾多の武将に愛好され、また諸国大名によって奨励されたため、大いに隆盛をきわめた。徳川の中期より、時代の流れ、趣味の変化、能曲、俗歌が盛んになるにしたがって次第に衰え、その発祥地の福井県越前町でも後を絶ったが、福岡県みやま市瀬高町大江に『大江のめえ』とよばれて昔日の姿をそのまま伝えている。毎年1月20日、五穀豊穣を祈って大江天満神社の幸若舞堂において奉納している。昭和51年5月、文化財保護法の趣旨により、国指定重要無形民俗文化財の指定をうけた。」

 ここ大江の地に幸若舞が来たのは1789年。それ以来ずっと途切れることなく続いています。
IMG_7063
 駅にはこの方々がいて大江天満神社までの道を案内して下さいました。
IMG_6828
 若干わかりずらい道でした。30分弱です。
IMG_6831
IMG_6834
 この奥で幸若舞は行われます。
IMG_6835
 住宅街の中です。
IMG_6836
IMG_6837
IMG_6867

IMG_6838
IMG_6839
 ↓は神社です。
IMG_6846
IMG_6847

IMG_6849
IMG_6859
 創始は源義家の末裔・桃井播磨守直常の三男・修理亮直信(幼名・幸若丸)で、幼時、比叡山で和漢の学を修め、歌曲を読むなどの学問に励んでいたが、その頃あった「双紙舞」という舞について、幸若丸は従来の節回しを勉強し、新しい調べを作った。それは吟詠晴朗で音声も律にあい、白拍子や曲舞に似た点もあり、幽玄な舞は見る人を驚かしたという。その後、父に従い越前に帰った幸若丸は、父の死後に京へ出た。そしてうわさを聞いた天皇の前で演じ、称賛を受けて越前に100町の領地を賜った。1346年頃から世に知られるようになり、門人も増え、幸若丸の子・弥次郎直茂の時に桃井姓を改め、幸若と称し、この舞を幸若舞と呼ぶようになった。
 大頭流の起り:直茂の弟子に山本四郎左衛門という北面の武士がいて天性異相の大頭で音声も大きかったので、世人は大頭と呼んでいた。ここからの流れで、天明7年(1789年)正月、大江の住人・松尾平三郎増墺に伝えて以来今年まで二百数十年、大江に存続し、現在第30代家元・松尾正巳清平にいたっている。
IMG_6860
IMG_6861
IMG_6863
IMG_6864
IMG_6865
IMG_6866
IMG_6867
IMG_6868
IMG_6870
 家元です。幸若舞は家元の息子に継がせるということはしないそうです。お弟子さんの中で優秀な方がつぐとのことです。だから、ここまで続いたのではないかということでした。
IMG_6871
IMG_6872
IMG_6874
 以上で小学生の部が終わりです。浜出と日本記でした。

大頭流の舞曲は全部で42番あって、平家物語、源平盛衰記、義経記、曽我物語などから取材されている。現在舞われるものは、日本記、浜出、扇の的、夜討曽我、安宅、八島、和泉城、高館、敦盛の9曲です。
 太夫は、謡いつつ、舞台を足踏み鳴らして、前後左右、斜めに動くのみ。舞といっても派手な動きありません。

「舞は古例に従って皇室より拝領の五七の桐と陰陽の菊の花の紋に染めた幕を打廻し、その前に小鼓方が1人床几に掛けて囃し、正面に立烏帽子に素袍上下で控え、各右手に扇を持ち、両手を張り、袖口を折り、体は上半身をやや前方に曲げ、眼は四・五間先方を見つめ、シテとワキは地謡を勤め、太夫は謡いつつ舞台を足踏み鳴らして前後左右に足をはこび、頭はほとんど動かさない武士的気風を横溢するものである。」(保存会資料より)
 
日本記:日本創世の話 :淡路島はこうしてできました。

安宅(あたか)(下):義経・安宅関での話、源の義経らが、奥州に都落ちする途中、安宅の関で、関守にとがめられ弁慶が偽りの勧進帳を読んでことなしとし、無事に関を通る話。
 
敦盛:一の谷の合戦で、忘れた笛を取りに帰った平敦盛は、船での退却にまにあわず、残される。そこへ同じ歳の息子を持つ熊谷直実が来て討たれた。直実はその後苦しみ、出家する。「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」はよく知られるところである。
 
高舘(上):源義経主従が奥州の高館で討手の軍勢を待ちうけながら開いた宴のさなかに,熊野より鈴木三郎が到着する。義経より佐藤兄弟の残したよろいをたまわった鈴木は,たずさえた腹巻の由来を物語り,これを弟の亀井六郎に譲って,翌日の合戦では兄弟ともに奮戦して果てる。弁慶は舞を一番舞って,敵(かたき)の中を斬ってまわるが,やがて痛手を負い,義経と辞世の歌をかわした後,衣川(ころもがわ)のあたりで立ち往生する。
夜討曽我(上): 曽我十郎と五郎の兄弟は、富士の裾野で源頼朝の狩に参加した父の敵、工藤祐経を討つ機会を狙った。馬を走らせ、弓矢で狙える絶好の機会に、乗っていた馬がつまづき、兄は落馬して機会を失してしまった。曽我兄弟は後に工藤祐経を討ち取るが、兄・十郎はそこで討ち取られ、弟・五郎は捕らわれて鎌倉への護送の途中、鷹ヶ岡で首を刎ねられた。
IMG_6875
 以下は青年の部です。
IMG_6879
IMG_6881
IMG_6882
IMG_6883
IMG_6886
IMG_6887
IMG_6893
 安宅(下)
IMG_6896
IMG_6897
IMG_6904

 屋外で長い時間鑑賞しているので、寒くなります。肉うどんが販売されていました。300円。
IMG_6900
IMG_6901
 非常に美味しかったです。
IMG_6902
 楼門はまたきれいな迫力がありました。
IMG_6907
IMG_6909
IMG_6911
IMG_6912
IMG_6913
IMG_6914
IMG_6915
IMG_6920
IMG_6921
IMG_6923
IMG_6922
IMG_6930
 足の運びに目が行きます。
IMG_6937
  ↓最後の演目、夜討曽我が始まりました。
IMG_6940
IMG_6943
IMG_6945
IMG_6947
IMG_6948
IMG_6949
IMG_6950
IMG_6952
IMG_6953
IMG_6954
IMG_6955
IMG_6957
IMG_6959
IMG_6961
IMG_6966
IMG_6967
 こののち神社の中も見せていただきました。
IMG_6969
IMG_6971
IMG_6972
IMG_6973

IMG_6975
IMG_6976
IMG_6977
IMG_6995
IMG_7000
IMG_7001
IMG_7002
IMG_7005
IMG_7007
IMG_7008
IMG_7010
IMG_7013
IMG_7014
IMG_7016
IMG_7018
IMG_7028

IMG_7034
IMG_7037
IMG_7054
 初めて幸若舞を見ました。これが作られたのは700年前。全ての日本芸能の源流とのことでした。
 派手な動きが無い分、何をしているのがが明快でした。目をつぶっても聞ける謡曲。これを守ること、変化の無いことが文化を守る際には必要なんだということがわかりました。
 科学技術や社会変化の中で人の生活はどんどん変わります。その中で「変わらない」ことを守り続けるのは大変な努力なのではないかと思いました。
 幸若舞を演じている時、演じ手のみなさんはどのようなことを考えながら舞っているのでしょうか。
 オペラのように感情移入したほうがよいのか、それとも、冷徹に客観の立場を貫いた方がいいのか、一度聞いてみたいものです。

                                         岩  井

                                







Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ