建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
先日10月4日(日)は福岡・尹東柱の詩を読む会に参加しました。

今回の詩を読む会は特別例会ということでいつものとは違い、既存の詩を読む会のメンバーに限らず、沢山の新しい方々が参加してくれました。今年2月に行った尹東柱詩人の記念行事が切っ掛けに展示や追悼式、講演会に参加された方々に声をかけ、実際に尹東柱の詩を一緒に読んで味会うということでした。IMG_0001

IMG_0008

PA040002

PA040004

また、福岡韓国教育院の移転をお祝いする意味で福岡韓国教育院で福岡韓国教育院の李秉允(リ・ビョンユン)院長をお招き詩を読む会が行いました。

李秉允院長は「来る10月9日の韓国のハングル日に当たって、
福岡韓国教育院で尹東柱の詩を読む会を開催することになった」と
今回の尹東柱の詩を読む会を開催する趣旨を伝えてくれました。
PA040008
福岡韓国教育院 
李秉允(リ・ビョンユン)院長

PA040031

PA040016

更にRKBの撮影まで。
少し緊張した雰囲気で始まりましたが、どんどん皆が尹東柱の詩に落ち込んでしまいました。


PA040018

PA040036

今回の参加者は総勢20人。
詩は「星をかぞえる夜」で古賀美恵さんが発表の準備をしてくれました。

「星をかぞえる夜」は
故郷を離れてソウルの延禧専門学校を通っている時、また日本に留学するためにやむを得ず日本の名前で創始改名した背景で書かれた詩です。星を媒介として過去と現在、そして未来を叙情的な言葉で表現しています。

PA040048
PA040015


今回に一番課題になったのは、友人である鄭炳昱(ジョン・ビョンウク)が「なんだか終わりが寂しい感じがしますね」という感想をいい出し、尹東柱が
最後の聯を最後に修正したということでした。ある方からは強い覚悟など自慢のような話である最後聯はなかったほうが詩人らしいだという意見があった反面、ある方は逆にまた立ち上げようとするのが詩人らしいだとういう意見もありました。

このように尹東柱の詩を読む会の魅力というのは自分が考えなかった詩の魅力を他人と一緒に読むことにより、新しく分かるようになるということです。

また、今日始めて参加した方々と一緒に話し合うことにより時代的な背景や詩人の人生まで幅広か考えてみることができました。


PA040044


福岡・尹東柱の詩を読む会は毎月第3土曜日18:00〜にあいれふ8階、もしくは9階で行います。

・11/21(土)18:00〜  あいれふ
・12/19(土)
18:00〜  あいれふ


PA040041

みなさん、どうぞ「ご自由にお入りください!」

最後は韓国教育院の院長を交えての懇親会が韓国の料理店で行いました。

「皆様、おつかれさまでした。
今回の詩を読む会もとても楽しかったです。
今後もよろしくお願いします。^^」

IMG_0013

IMG_0015


以上、ジャン



[星をかぞえる夜] 
                   尹東柱(一九四一・二・五)

季節の移りゆく空は
いま秋たけなわです。

わたしはなんの憂愁もなく
秋の星々をひとつ残らずかぞえられそうです。

胸に ひとつ ふたつと 刻まれる星を
今すべてかぞえきれないのは
すぐに朝がくるからで、
明日の夜が残っているからで、
まだわたしの青春が終わっていないからです。

星ひとつに 追憶と
星ひとつに 憶と星ひとつに 愛と
星ひとつに 寂しさと
星ひとつに 憧れと
星ひとつに 詩と
星ひとつに 母さん、母さん、

お母さん、わたしは星ひとつに美しい言葉をひとつずつ唱えてみます。小学校のとき机を並べた児らの名と、ペエ、キョン、オク、こんな異国の乙女たちの名と、すでにみどり児の母となった少女たちの名と、貧しい隣人たちの名と、鳩、子犬,兎、らば、鹿、フランシス・ジャム、ライナー・マリア・リルケ、こういう詩人の名を呼んでみます。

これらの人たちはあまりにも遠くにいます。
星がはるか遠いように、

母さん、そしてあなたは遠い北間島におられます。
わたしはなにやら恋しくて
この夥しい星明りがそそぐ丘の上に
私の名を書いてみて、
土でおおってしまいました。

夜を明かして鳴く虫は、
恥ずかしい名を悲しんでいるのです。

しかし冬が過ぎ私の星にも春がくれば
墓の上に緑の芝草が萌えでるように
私の名がうずめられた丘の上にも
誇らしく草が生い繁るでしょう。    

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ