建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
5都市連続講演会「Possibilities in the Shifting World」
 
Vol.1 福岡/九州大学
ヴォ・チョン・ギア講演会 「Save our Earth」
ナビゲーター
藤原惠洋(九州大学大学院教授)
ゲスト
土居義岳(建築史家)/岩元真明(建築家)
日時
10月20 日(火) 18:00開場、18:30開演、20:30終演(予定)
会場
九州大学芸術工学部多次元デザイン実験棟ホール
共催
九州大学大学院芸術工学研究院/TOTOギャラリー・間
Vol.2 札幌/北海道大学
リン・ハオ講演会 「Towards an old Landscape」
ナビゲーター
小澤丈夫(北海道大学准教授)
ゲスト
五十嵐 淳(建築家)/加藤 誠(建築家)
日時
10月28日(水) 18:00開場、18:30開演、21:00終演(予定)
会場
北海道大学工学部共用実験棟 建築都市スタジオ棟・オープンラボ MUTSUMI HALL
共催
北海道大学大学院工学院建築都市空間デザイン専攻/TOTOギャラリー・間
Vol.3 沖縄/琉球大学
大西麻貴+百田有希講演会 「経験としての建築」
ナビゲーター
入江 徹(琉球大学准教授)
日時
11月2日(月) 18:30開場、19:00開演、21:00終演(予定)
会場
琉球大学工学部1号館222教室
共催
琉球大学工学部環境建設工学科建築コース入江徹研究室/TOTOギャラリー・間
Vol.4 仙台/東北大学
チャオ・ヤン講演会 「Rural Intervention」
ナビゲーター
本江正茂(東北大学准教授)
ゲスト
五十嵐太郎(建築史家)/石田壽一(建築家)
日時
11月27 日(金) 18:0 0開場、18:30開演、20:30終演(予定)
会場
東北大学カタールサイエンスキャンパスホール
共催
東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻/TOTOギャラリー・間
Vol.5 京都/京都造形芸術大学
チャトポン・チュエンルディーモル講演会 「Boundaries」
ナビゲーター
城戸崎和佐(京都造形芸術大学教授)
ゲスト
ウォラヌッチ・チュエンルディーモル(タイ伝統工芸研究家)/服部滋樹(クリエイティブ・ディレクター)
日時
12月6 日(日) 13:30開場、14:00開演、17:00終演(予定)
会場
京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ
共催
京都造形芸術大学/TOTOギャラリー・間
※いずれも当日会場先着順受付/参加無料
ナビゲータープロフィール
藤原惠洋 Keiyo Fujihara
九州大学大学院教授、工学博士(東京大学)
1955年熊本県生まれ。九州大学工学部卒業。東京藝術大学大学院美術研究科修了、芸術学修士(東京藝術大学)。東京大学大学院博士課程建築学専門課程修了。國學院大学兼任講師、東京大学生産技術研究所研究員、千葉大学工学部助手、九州芸術工科大学工業設計学科講師・助教授を経て、同芸術情報設計学科助教授。2002年〜03年、オランダ国立ライデン大学文学部日本学研究所客員教授。2004年より九州大学大学院教授。
小澤丈夫 Takeo Ozawa
北海道大学大学院准教授、博士(工学)、一級建築士、オランダ政府登録建築家
1961年兵庫県生まれ。1984年東京工業大学卒業。1985-86年 スイス連邦工科大学チューリッヒ校建築学部。1987年東京工業大学大学院修士課程修了。1987-93年株式会社大林組勤務。1994-97年ヘルマン・ヘルツベルハー建築設計事務所 (アムステルダム) 勤務。1996年ベルラーヘ建築研究所アムステルダム修了。1997年TEO architects設立、共同主宰(2013年 office teo に改称)。2005年より北海道大学大学院准教授
入江 徹 Toru Irie
琉球大学工学部環境建設工学科建築コース准教授
1974年生まれ。横浜国立大学大学院博士課程後期修了。受賞:「AICA施工例コンテスト2012」特別賞(2013)、「那覇市内バス停上屋意匠選定設計競技【市街地部門】」優秀作品賞(2013)。共著・座談会:『建築・都市ブックガイド21世紀』(五十嵐太郎 編, 彰国社, 2010)、『相対性コム デ ギャルソン論─なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか』(西谷真理子 編,フィルムアート社,2012)。
本江正茂 Masashige Motoe
東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻准教授、博士(環境学)
1966年富山県生まれ。1989年東京大学工学部建築学科卒業。1993年同大学院工学系研究科建築学専攻博士課程中退。同助手、2001年宮城大学講師を経て、2006年より現職。2010年-2015年 せんだいスクール・オブ・デザイン校長。情報技術が拓く都市と建築の新しい使い方をデザインし、人々が持てる力を存分に発揮しあえる環境をつくりだすべく研究中。
城戸崎和佐 Nagisa Kidosaki
建築家、京都造形芸術大学教授
1960年東京生まれ。1982年芝浦工業大学建築学科卒業。1984年芝浦工業大学大学院建設工学専攻修士課程修了。1984年-85年磯崎新アトリエ、1985年-93年伊東豊雄建築設計事務所。1993年城戸崎和佐建築設計事務所設立。2008年—2012年京都工芸繊維大学デザイン経営工学部門准教授。2012年より神戸大学客員教授。2013年より京都造形芸術大学環境デザイン学科教授。主な受賞に、SD賞、グッドデザイン賞、インテリアプランニング賞優秀賞、住宅建築賞、INAXデザインコンテスト銅賞など。
33

43

20

35



02

14
 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ