建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_6898
 2015年9月26日(土)10時くらいから宗像市大島でウオーキングと海岸清掃ボランティアをしてきました。

  主催:宗像・沖ノ島市民の会事務局(世界遺産登録推進室、海の道むなかた館)

  参加予定:100名程度

  スケジュール:9月26日(土)
           宗像市神湊港渡船ターミナルに9:15分までに集合。
           神湊発9時25分のフェリー乗船、
           9:50頃から大島ウオーキング、
           10:00頃中津宮到着、
                →1.8㎞ほど歩いて中津宮遥拝所到着、
           11時頃から12時頃まで海岸清掃、
           13時出航のフェリーで帰る

           交通費や渡船代はでないボランティアです。
          
           昼食のおにぎり2個はでますが、飲み物などは持参。

  これは10月1日に行われる「みあれ祭」に向けての活動です。
  みあれ祭の前に、宗像大社の若干の説明をします。宗像大社は、宗像市にある辺津宮、人の住む島である大島にある中津宮、一般の人が立ち入ってはならない沖ノ島にある沖津宮からなります。それぞれに姉妹神が祀られていて、みあれ祭は、辺津宮に祀られている市杵島姫神(いちきしまひめ) が、姉にあたる田心姫神(たごりひめ)と湍津姫神(たぎつひめ)を迎えるもので、三女神それぞれの御輿を載せた船が海上を巡行した後、本土の辺津宮まで陸路でくるというものです。
IMG_6954

 8月の宗像市玄海地域景観ワークショップで、地元の方からみあれ祭はすごいということを聞きました。

 ↓は宗像市東郷駅から9.2㎞、宗像大社から約3㎞のところにある神湊のフェリーターミナルです。
 東郷駅からはバスで向かいます。
IMG_6771
 御神輿を見かけました。
IMG_6772
 フェリーターミナルの周囲の様子。
IMG_6774
IMG_6767
 ターミナルの中は沢山の人でした。
IMG_6798
 フェリーで20分ほどですが、沢山の人がいました。
IMG_6812
 大島到着後、御神輿も移動です。
IMG_6816
IMG_6817
 世界遺産候補の構成資産の一つ、中津宮。
IMG_6821
IMG_6823
 先ほどの御神輿です。
IMG_6824
 ボランティアガイドさんのガイドをほんの少し聞いた後、徒歩で移動しました。
IMG_6826
 ウオーキングです。
IMG_6830
 絶好のウオーキング日和でした。
IMG_6835
IMG_6837
IMG_6853
 沖津宮遥拝所の手前で清掃グッズが支給されました。
IMG_6858
IMG_6861
IMG_6863
 ↓は沖津宮遥拝所(拝むところ)で平成の大修理とのことです。
IMG_6865
IMG_6866
IMG_6867
IMG_6869
IMG_6870
IMG_6875
IMG_6876
IMG_6879
IMG_6884
IMG_6886
IMG_6888
IMG_6889
IMG_6893
IMG_6898
 私も小一時間ほどでけっこう拾いました。漁具の一部やペットボトルが多かったです。
IMG_6900
 ↓どこかの学校の生徒のみなさんも奮闘中。
IMG_6901
IMG_6899
お昼近くに終了、参加者みなさんのとったゴミはかなりの量になると思われます。

 清掃作業中に、ジャージ姿で清掃活動に参加していたみなさんに声をかけてみました。
 彼らは宗像高校の生徒会ともうすぐ立ち上げる歴史同好会のメンバーで、歴史を知るにはまず大島の清掃をしてみようということになったそうです。先生と生徒のみなさん15名ほどが清掃活動に精を出していました。歴史同好会自体は今年中に立ち上げる予定とのこと。
 1年の小杉さん、2年の岡野君、青柳先生ともわずかですが話をすることができました。

 この他、九州女子大の学生さん2人に話を聞いたところ、地域生活学演習という授業の一つとしてこの清掃活動に参加したとのことでした。

 帰りには、主催者からあかもくご飯のおにぎりと平成27年7月28日にお祓いを受けた 「沖ノ島の御神水」をいただきました。
IMG_6917
IMG_6918
IMG_6946

IMG_6942
IMG_6943
IMG_6947

IMG_6948
 松尾商店の方に伺ってみたのですが、今のところ、世界遺産候補の構成資産の一つに
大島がなったからといって、売り上げはあがっていないとのことでした。
 宗像市神湊からフェリーで20分くらいの大島にきて、ちょっとだけ世界遺産を見て、または海洋施設に来て
宿泊は福岡市内ということも可能です。地元にとって何か目に見えるメリットがないとわかりずらいです。
IMG_6949
IMG_6950
IMG_6955
IMG_6954
IMG_6957
IMG_6966
IMG_6963
IMG_6969
 フェリーで神湊のターミナルに戻ってからは、ちょっと歩いてみました。朝は満ち潮だったのですが、
だいぶ引き潮になりました。
IMG_6982
IMG_6986
IMG_6989
IMG_6990
IMG_6998
IMG_6996
IMG_6999
IMG_7007
IMG_7011
IMG_7008
 以前から気になっていたナカマル醤油醸造元に入ってみました。
IMG_7016
 創業が嘉永3年(1850年)江戸末期から醤油をつくっているとのことです。
IMG_7018
 以前はもっと大きな醸造元だったようです。時代を経て、税金対策のため現在の様子になったとのことでした。
IMG_7024
IMG_7050

IMG_7027
IMG_7031
 以前醤油をつくっていた場所は現在では、私設博物館です。
IMG_7032
IMG_7034
IMG_7037
IMG_7045
IMG_7048
IMG_7051

 ナカマル醤油を出て暫く歩くと、桜の花?をみかけました。
IMG_7060
IMG_7072
IMG_7073

 さつき松原も見ました。
IMG_7071
IMG_7077
IMG_7080
IMG_7083
IMG_7084
 、道の駅むなかたまで歩き、そこから牟田尻のバス停まで歩き、東郷駅に行きました。
IMG_7085
IMG_7089
IMG_7097
 ソーラーパネルを発見しました。
IMG_7104
IMG_7108

 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群は世界遺産の国内推薦が決定しています。このままいけば、来年夏ににもイコモス(国際記念物遺跡会議)の調査が入り、再来年には世界遺産委員会での世界遺産登録の可否が決定するというスケジュールになります。

 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産は、沖ノ島(祭祀が行われていた)、宗像大社(沖ノ島、大島、宗像本土)、新原・奴山古墳群です。

 今回、大島での海岸清掃活動に参加してみて、100名以上のみなさんが交通費や渡船代はでないのにこの海岸清掃に参加されたことにびっくりしました。

 参加者それぞれに参加理由はあったと思われますが、ウオーキングより清掃の場面になると全てのみなさんが、かなり真剣に丁寧にゴミをみつけて拾うということをしていました。無駄口をせず真剣にゴミを拾うということは日本人の特徴ではないかと思えたくらいです。地元の方では海岸清掃に限界があったということなので、この取り組みは今後も続けたらよいのではないでしょうか。

 社会人だけではなく、高校生や大学生が清掃活動をしていたので、若い力と世界遺産をもっと結びつけることはできないものかと思います。高校生と地元の高齢者を結びつけるワークショップなど、大島や宗像にある課題を考える場を設けることができればいいのではないかとも思いました。

 しかしながら、東郷駅からの交通の便はよくないです。地元の方も交通の便が悪いことはよくご存知で、8月のワークショップの時、地元の方は一家に2台以上の車を持っているということをで参加者の方から言われました。私は宗像市ではバスと徒歩で移動したのですが、ランドマークになるたてものまでの地図を景観をこわさない程度に表示できないものかと思います。今後、世界遺産になるならば、訪問者の移動手段が大きな課題の一つになると思われます。

 大島の松尾商店の方に伺ってみたのですが、今のところ、世界遺産候補の構成資産の一つに
大島がなったからといって、売り上げはあがっていないとのことでした。
 宗像市神湊からフェリーで20分くらいの大島にきて、ちょっとだけ世界遺産を見て、または海洋施設に来て
宿泊は福岡市内ということも可能です。地元にとって何か目に見えるメリットがないとわかりずらいことが多いのも課題のように思えます。


 課題だけではなく、浜辺や種田山頭火の生前の唯一の句碑やナカマル醤油醸造元のようなところがあるのですから神湊地区のいいところをマップ化することはできないかと思います。私が神湊地区および道の駅むなかたまで歩いたのは土曜日ですが、徒歩ですれ違う人はいませんでした。車が目的地から目的地まで人を運んでお終いという地区に見えました。
                                               岩 井
 
IMG_7111
 ボランティアをした後、この沖ノ島の御神水をいただきました。本当は、
沖ノ島は一木一草一石たりとも持ち出してはいけないのですが、
水だけは御神水として持ち帰ることが許されているとのことで、
この御神水は平成27年7月28日に沖津宮においてお祓いを受けたものだそうです。
 





 








Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 岩井のラジオ出演の際の話を内野先生がご著書の中に取り入れて下さいました。
  • 岩井のラジオ出演の際の話を内野先生がご著書の中に取り入れて下さいました。
  • 岩井のラジオ出演の際の話を内野先生がご著書の中に取り入れて下さいました。
  • 10月25日(水)夜、福岡建築文化祭がアクロス福岡で開催されます!
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ