建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_4215
        日時:2015年8月28日(水)19:00~
        場所:熊本県天草市下浦コミュニティセンター にて

       第5回下浦フィールドワーク勉強会が開催されました。
        
        出席者は、松岡会長、富安前館長、宗像さん、近藤さん、松岡さん、
               佐々木さん、黒川さん、山本さん、松下さん、森本さん

               九大からは、藤原先生、高倉さん、張慶彬さん、藤原旅人さん、
               岩井です。
      
  IMG_4233

 福岡市から天草市下浦まで車で片道3時間半、往復だと最低でも移動で7時間かかるのですが、藤原先生や下浦FW事務局スタッフは5回通って9月のフィールドワークに備えます。この日は、フィールドワーク開催前の最後の勉強会でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 下浦コミュニティセンターに行く前に、天草市本渡にある1865年から続く
窯元 丸尾焼の五代目・金澤一弘さんのところに行きました。
IMG_4185
 丸尾焼は1865年に創業しましたが、創業した理由の一つは、丸尾ヶ丘周辺に比較的良質な製瓶用の粘土が産出したことと、一揆があり政情が不安定で農閑期における現金収入を上げることが狙いであったとされています。初期のころは、瓶や土管を製造することが目的でしたが、1967年(昭和42年)瓶類・土管類・蛸壺類の製造を中止し、日曜雑器を中心とした、小物類の生産へ転換を図り、窯名も粘土の採土地である丸尾ヶ丘の地名をとって、「丸尾焼」と改称しました。1980年(昭和55年)5代目を継承した金澤一弘氏は、日常の暮らしに密着した陶器をつくり、販売し、人材育成、地域づくり、熊本の伝統工芸の保存と普及等につとめていらっしゃいます。(歴史の部分は丸尾焼HP参考にしました。http://www.maruoyaki.com/index.html
IMG_4187
IMG_4189
 ↓ 直前に来た台風15号が、庭の木を折ってしまい、危険なので切ったということでした。
IMG_4190
IMG_4193
 ↓ 絵本コーナーもあります。
IMG_4194
 天草では、10月31日から11月4日まで、街中がギャラリー^になる「天草ローネ」(サローネとは見本市のこと)という展示イベントがあります。http://amakusalone.com/

 このプレイベントとして、アマクサローネ 『プレイベント グループ展』が9月19日ー23日の期間に開催され、金澤一弘さんの息子さんたちも終点います。

 https://www.facebook.com/machiamk
出展者→金澤佑哉(陶芸)。金澤宏紀(陶芸)。錦戸俊康(写真)。吉本伊織(絵画)。他。とのことです。

そして、このプレイベントのおもてなしイベントとして
 
《楽焼の炎でBBQ ぐいのみをつくろうワークショップ 》
ワークショップの日時→9月19日(土)10:00~17:00随時、ぐいのみの成形。
9月20日(日)焼成とBBQ を兼ねたパーティを開始。 参加費:2000円。

 があり、これに下浦フィールドワーク参加者が参加できないか相談中です。
 ↓
IMG_4195
IMG_4196
IMG_4197
 丸尾焼のみなさま 色々ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

さて、下浦地区コミュニティセンターに着きました。↓
IMG_4198
IMG_4199
IMG_4200
 会議の前に 先日、三角西港を造成した下浦にFM番組の収録に来た時の様子、出演者の小山薫堂さんや下浦のみなさん、先生の様子を振り返りました。
IMG_4201
 自己紹介の様子です。↓は、天草にご夫婦で移住してきた森本さん。
地域づくりと活性化に熱心に取り組んでいます。
IMG_4203
IMG_4205
IMG_4208
IMG_4209
IMG_4210
IMG_4212
IMG_4213
IMG_4214
IMG_4215
IMG_4216
IMG_4217
IMG_4220
IMG_4221
IMG_4222
IMG_4223
IMG_4224
IMG_4225
IMG_4242
IMG_4240
IMG_4244
IMG_4245

IMG_4233
 下浦石工のつくったものが経済産業大臣指定伝統的工芸品になる事を計画していますので、その際のメリットとデメリットが先生から述べられましたメリットは、「全国に下浦の名前を知らせることができる。後継者育成につながる。」デメリットは「煩雑な事務作業がある。」です。
IMG_4234
IMG_4235
IMG_4236
IMG_4237
  ↓はスケジュールです。(詳細は確定ではありません)
IMG_4226

IMG_4228

IMG_4230
IMG_4231
IMG_4232
IMG_4248
IMG_4252
IMG_4253
 大学として地域に入る時は、大学が入ることで地域に対して何ができるか、どのような問題意識をもち、課題解決に向けての取り組みをしたらよいかが求められると考えます。プログラムをこなすこと自体が目的ではありません。地域の皆さんと交流することでよりよい成果に結び付けたいと思います。

                                   岩   井



Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ