建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

京都工芸繊維大学での保存再生学シンポジウム「煉瓦建造物の保存と活用-使い続けるための理念と技術-」、本日、無事終了しました。

予想以上に盛況 で、目視ですが70名近い方が来場されました。
東京からお越しいただいた方も複数おられました。ご来場いただい皆さん、ありがとうございました。
 

 長谷川直司(建築研究所)さんのご講演「煉瓦と煉瓦造建築物の構工法」と小野田滋(鉄道総合技術研究所)さんのご講演「煉瓦造鉄道構造物の現状と保存活 用」は、いずれも大変詳細なものでした。煉瓦の厳密な寸法やモデュールまで明らかにすることで、その煉瓦建造物の固有の価値が見えてくるという長谷川さん のお話。

また煉瓦造の土木遺産の事例は多いが、その評価や保存活用が建築以上に難しいという小野田さんのお話。

いずれも示唆に富むものでした。その後の座 談会、さらに懇親会でも、お二人にはいろいろな質問にお答えいただき、議論を深めることができたと思います。
 

 お二人のご講演の様子のビデオは、近々Kyoto Design LabのHP上で配信されることになると思いますが、本日の講演のレジュメがご入り用の方は、私(笠原)までお尋ねください。メールでお送りいたします。

 なお、このシンポジウムには続編があります。12月12日(土)に京都工芸繊維大学にて、「煉瓦建造物の保存と活用-フランダースから京都へ-」と題し て、ベルギーからKoen Van Balen先生をお招きして、再びシンポジウムを開催予定です。近づきましたら、またご案内いたします。
 

 写真は、小野田さんのご講演で話題に出た煉瓦造の土木遺産のリノベーション、商業施設マーチ・エキュート神田万世橋(旧万世橋駅)です。一般の方も楽しめますが、建築・土木・鉄道のファン必見のリノベーション事例です。http://www.maach-ecute.jp/

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
  • 第46回、スイスのアートバーゼル(Art Basel)に行って来ました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ