建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

7月30日 みなさまからの賛同署名87,310筆を届けました


2015年7月31日 — 昨日、当会が開催した国会内集会「みんなに開かれた真国立競技場 に!!」にて、当会のキャンペーン「神宮外苑の青空と銀杏並木の風景を守ろう、巨額の建設費をかけない新国立競技場を求めます」への賛同署名 (change.orgでのネット署名+その他署名)87,310筆を直接国に届けました。

2200頁にも及ぶ署名簿は、約20名の衆参 両院議員、約200名の一般参加者、そして多くのメディアの方々の見守る中、内閣官房 新国立競技場の整備計画再検討推進室・参事官 的井宏樹様、文部科 学省 スポーツ・青少年局スポーツ・青少年企画課 スポーツ政策企画室長補佐 川田耕二様 にお渡ししました。

みなさまの声が新しい国立競技場計画にしっかりと反映され、「真に国民に望まれる競技場」になることを見届けるまで、引き続き当会は87000人のご賛同を支えに活動を続けてまいります。
今後ともご支援、ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会
infoあっとま〜く2020-tokyo.sakura.ne.jp
http://2020-tokyo.sakura.ne.jp


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ