建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_2249
 (写真左は子供たちとデザインを話す建築家の岡大輔さん)
 「子どもがつくるまちミニふくおか2015」の子ども実行委員会に参加してきました。13:00~17:30に及ぶ会議でしたが、小学生から高校生までの参加者はみなさん自分のやりたいこと考えるべきことに積極的に取り組んでいました。
IMG_2165
 「ミニふくおか」とは、2012年度より始まった福岡市の事業で、仮想の街の中で子供たち自身が住民となり、生活を営み、新たな空間やシステムをつくっていくことで多様性あふれる創造的なまちをつくっていく遊びです。創造力が溢れ、自由なまちミニふくおかを通して、子どもが自らで考え伝える力を育成するとともに、自らの暮らすまちへの関心を持ち、福岡市のまちづくりへの参画意識を醸成する契機とすることが目的です。
 ミニふくおかはドイツのミュンヘン市で行われている「ミニ・ミュンヘン」をモデルとしているということで、まちの定義として、・市役所、ハローワーク、銀行がある ・起業することができる ・3日間だけ運営される ・働いたら給料(通貨)がもらえる ・税金を納める。
 今年のミニふくおかは、2015年8月25日(火)、26日(水)、27日(木)の3日間、9:30-17:00まで、九電記念体育館で開催されます。
 昨年の例では、3870人から往復はがきによる申込みをうけ、抽選で参加者を決定し、参加証を送付。1日平均500人の子ども一般参加者、40名の子ども実行委員、30名の本部スタッフ、ボランティアスタッフ70名他で運営されます。5月の連休中から既に活動は始まっており、ティピーというものをつくったり、発掘をしたりしたということで、その後、まちつくりの専門家とともに今年の「ミニふくおか」のテーマを決めたということです。
IMG_2147
IMG_2148
 今年のテーマは「きらめく大夢(Time)あふれるミニふくおか~新しい自分に出会うまち~」で、まちづくり以前に場面設定があるそうで、それは、「滅亡した星から新しい星に移住し、そこで何をするのか?その星ではどんなまちをつくるのか?」です。昨年を踏襲することなく、今年は今年で何をしてもいいということです。
IMG_2154
IMG_2155
IMG_2163
IMG_2156
IMG_2159
IMG_2173
IMG_2175


IMG_2160
IMG_2161
IMG_2166
 ↑中学生リーダーとの打ち合わせ。↓その後、小学生や新しい参加者、親への説明。
IMG_2177
 昨年の様子と今年の第1回目の様子。
IMG_2183
IMG_2185
IMG_2186
IMG_2190
IMG_2191
IMG_2193
スタッフとボランティアの紹介。
IMG_2199
 ミニふくおかでするのは7つの職種です。5月から参加していた子供たちは学習会や体験を通して、大学、イベント、お店、飲食、メディア、公共、都市計画にわかれていますが、今回から参加の子どもたちは本日が初めてのミーティング。自分のしたいお店を希望したところ、飲食に偏ってしまいました。
IMG_2218
IMG_2219


IMG_2228
IMG_2229
IMG_2230
IMG_2231
IMG_2232
 7つの職種に分かれた後も更に、その一つ一つを支えるため、仕事環境をよくするための役割がありました。
IMG_2246
IMG_2261
IMG_2240
IMG_2244
 私は都市計画班に入れてもらいました。↓ この班でいろいろ教えてくれた岡大輔さんは建築家で、ミニふくおかの第1回目のワークショップで遺跡発掘ワーックショップをしました。
IMG_2248
IMG_2249
 各班はまず、テーマを決めます。
IMG_2254
IMG_2255
IMG_2257
IMG_2258
IMG_2259
IMG_2260
IMG_2261
 都市計画班はこれになりました。↓
IMG_2263
 都市計画班は、50分の1で人の形を切りとり、実際の体育館と人の大きさを理解するところから始めました。
IMG_2272
IMG_2275
IMG_2274
 7つの職種をどのようにはいちしたらいいかを考えます。
IMG_2276
IMG_2278
IMG_2279
IMG_2281
 テーマが「歴史を感じ新しい発見をする」なので、それをどのように扱うか。
IMG_2282
 設定が「新しい星でのまちづくり」ということなので、自由な発想でいいのです。テレビやマスコミの影響を受けてしまいそうですがそうではない発想をすることが重要で、どこかで聞いたことは極力しないようにします。また、岡さんによると、わかりやすいだけのまちづくりではつまらない、何かビックリするようなのがアチコチに有る方が楽しく発見ができるのではないかとのことで、「なんだこれは?!」が散らばっていて、古いものと新しいものの両方を発見し、混じり合うことでテーマに帰るということです。新しい発見とは、自らに関しての発見で、それを体験することで成長につながるというのです。まさしくその通りですね。
IMG_2286
 できたものは皆の前で発表します。
IMG_2287
IMG_2288
IMG_2289
IMG_2290
IMG_2295
IMG_2296
IMG_2299
 各班のテーマとすることの発表を終え、これで本日の会議は終わりです。次回は具体的な作業が入ってきます。↓はリーダーさんたち向けミーティング。
IMG_2311
 スタッフの中には小学生にこのような「目」を描かれ、全てが見通せるようになった人もいました。
IMG_2314

IMG_2316
 「あいれふ」周囲にあるアート作品は草間弥生↓とキースへリングということです。
IMG_2145
 キースへリング↓。
IMG_2317
 初めて、子どもたちの主体的意志が際立つ「ミニふくおか」の会議に参加して、非常に子どもたちの意志を感じました。それは決してまちづくりという協調性を持った大きな概念ではないかもしれませんが、お店屋さんをしたいとか、新聞を作りたいとか、飲食店をしたいとか主体的なものでした。そして、このような希望を個人で終わらせず、ミニふくおかという規模に上げて、遊びで終わらせず、他者の中に子供たちを入れ考えさせながら行動させ、教育的機能を持たせると同時に、まちづくり参画へのキッカケを作ったことが意味ある取り組みだと思いました。次回も可能な限り参加し子どもたちの心からまちづくりのアイディアを学ぼうと思っています。

                                     岩  井


 



Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 2018年10月26日(金)夜、九大芸工にて若杉ワールド!!
  • 〈世界のトヨタ〉音響設計家豊田泰久氏、音響設計の魅力を語る
  • 屋台大学in九州大学芸術工学部!
  • 世界的ジャグラー望月ゆ〜〜〜〜さく!ラスベガス秋祭りへ進出!!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ