建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
今朝の朝日新聞デジタル版より転載します。

2020年の東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場をめぐり、安倍晋三首相は、総工費が2520億円に膨らんだ建設計画を見直す考えを17日に表明する方向で最終調整に入った。競技場を19年のラグビーワールドカップ(W杯)の主会場にする計画は断念する。同日、東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相と会談し、計画見直しへの協力を求める方針だ。

安倍首相は16日、新
国立競技場の建設問題について「国民の皆さまの声に耳を傾けながら、東京オリンピックパラリンピックが成功するよう万全の準備を進めていきたい」と記者団に述べ、計画見直しに前向きな考えを示した。

 だが、見直しを進めると19年W杯には完成が間に合わないため、ラグビー界に影響力が強い森氏と17日に首相官邸で改めて会談し、協力を求める。その後、下村博文文部科学相と遠藤利明五輪担当相に対し、見直しを指示する方向だ。

 政権内ではすでに、工費を2千億円未満に減額する方向でデザインを変更したり、W杯の会場を横浜国際総合競技場(日産スタジアム)に変更して工期を延長したりすることを検討している。新国立競技場の総工費は当初計画の2倍近い2520億円に増大し、世論調査でも反対意見が圧倒的に多く、与党内からも批判が高まっていた。 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ