建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
IMG_6103
梅雨の季節に入り、9月の天草下浦フィールドワーク2015が近づいてきました。
今年2月より継続して行っている事前研究会の第3回勉強会を
6月20日に下浦にて開催しました。

まず、松岡会長の挨拶がありました。
その後、藤原先生より、挨拶とこれまでの経過をお話いただきました。

去年は
民泊や大きな交流・懇親会や無人島などいろいろ企画しましたが、
今年も引き続き継続していろいろな企画を実践していきたいと思います。
下浦のみなさんには、様々なな工夫をしていただき取り組んでもらいました。
その結果、たくさんの成果が形となって表れたと思います。参加者の感動や
下浦地区に対する思いやアイディアなどを出し合い、今年も取り組む事が
出来ればいいなと思っています。

IMG_6106

昨年に引き続き、韓国からも参加の連絡が届いています。

韓国
の産業技術大権(コン)先生より

1)大学の授業の一環で、主に大4年生を象して加者を募集

2)韓産業デザイナ協加者を募集

3)韓東大門デザインプラズ(DDP)の代表であった鄭(ジョン)代表にもご案内する
以上を検討しているようです。
 

IMG_6108

IMG_6110

日程調節及び手法について
今年は、9月の大連休で調整中ということで、いつもより時間の余裕を持ちながら計画を進めています。テーマに沿ったグループワークだけではなく、どんなことができるのかアイデアを出し合いました。
 

・5日間お互いに日頃やってない仕事(草切りやまつり準備など)を手伝いながら民泊する。

・公民館便りだけで、下浦フィールドワークのことを知ってもらうことは難しいので、口コミ等で知らせて行く必要がある

・下浦さるく事業としてコース上の木を切ったり下浦石で看板づくりをしてはどうか?

・大塚えいじさんの野丁場を見学し、この野丁場をさるくのコースとしても活用するのはどうか?

・地図に、情報を落とし込み、石丁場と野丁場の整備や看板案内づくりをしながら情報整理を行う。

・さるくのコースは石だけではなくポンカンの畑でみかんの香りを嗅ぎながら歩くのも可能

・お風呂の課題もあるが皆でゆっくり話できるキャンプ形式はどうだろうか

などなど、様々な意見が出ています!
 

IMG_6115

IMG_6116

フィールドワーク以外のイベントとの連携について

・今までは秋にフィールドワークの中間報告会をやっていたが、今回は2月のふるさとまつりで報告会をやってみたいと思っている。ふるさとまつりも見ることもできるし、ふるさとまつりに参加した人々にも9月のフィールドワークを紹介するのができるのではないかと考えています。

・JRの旅行商品に、「JRウォーキング」というのがあります。JRで会場まで来てウォーキングを楽しみ、スタンプを押してもらい記念品がもらえるというイベントです。時間さえ決めば船が着くところにシャトルバスを用意したりして観光客を呼ぶ方法もあるのではないか。

他のイベントや団体・企業とも連携できる仕組みを作って行けるようにしたいですね。
 


IMG_6117

IMG_6120

IMG_6129

日程案の最終確認

9月19日(土)〜23日(水)4泊5日開催確定

 ①連泊可能か(民宿・民泊など)
 ②部分的な宿泊可能
 ③皆で一つ(公民館、キャンプ場、旅館など)のところに泊まる

◆情報発信や今後の方向性について
・伝統工芸産地指定については産業課でするのが一番ふさわしいという金澤さんからのアドバイスがあった。つまり単に観光だけではなくて石工の仕事そのものを天草市として応援できる形でできるほうも考えるべき。また、これまでの資料を整理し、論文・報告書などにまとめて行く必要があるのではないかというアドバイスもいただいているので、ぜひ九大としても取り組んで行きたい。

・実行委員会以外の人たちに向けて藤原先生の講演開催(たくさんの方に理解してもらうため)

・ケーブルテレビに出演したらどうか?→新聞やケーブルテレビにフィールドワークの事を案内する

・移住者の取材、さるく紹介、まちの面白い人の取材し、「ふぃるどわくわく新聞」を発行

・移住者のための地域の情報をネット上で発信するのも重要(ホームページ作成など)

次回 第4回研究会は、7月16日(木)に開催予定でしたが、あいにくの台風のため、7月30日(木)に開催予定です! 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ